当院の痛みの少ない治療の取り組み

痛みの少ない治療歯を削って痛みがありそうな時は、麻酔で痛みをコントロールします。麻酔がしっかり効けば、痛みによる不安は軽減できます。痛みを緩和する麻酔ですが、針を刺す時の痛みや薬を注入する時の違和感が伴うこともありますので、これらを緩和するために様々な工夫をしています。

【1】表面麻酔をしっかり効かせる
麻酔をかける前に表面麻酔をしっかり効かせます。表面麻酔は、麻酔注射をする前に使用する麻酔薬です。お口の中の粘膜に塗ると痺れてきて、針を刺した時の「チクっ」とした痛みが感じにくくなります。

【2】歯ぐきを圧迫して痛みを緩和する
麻酔針を刺す時に痛みがありますが、針の指し方や薬の馴染ませ方を工夫すると、「チクっ」とした痛みが感じにくくなります。針を打つ時は、歯肉の繊維に添って歯ぐきを引っ張りながら刺して圧迫すると、神経がその部分に集中して押されている感覚が強くなり、針を刺した時の痛みがわからなくなります。

【3】ゆっくりと少しずつ注入する
麻酔液を注入する時は、一度に入れずに少しずつゆっくりと注入していきます。薬を入れると、歯ぐきがぷくっと水ぶくれのように膨れるので、そこを指で優しく押すと、薬が骨に浸透して痛みを感じにくくなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております