なるべく削らない歯を残す治療

なるべく削らない歯を残す治療

むし歯の治療をすると、歯を削った部分からむし歯になりやすく、再治療のたびに削る量が増えていきます。削る量をなるべく抑えることが、歯を長持ちさせることにつながります。当院では、コンポジットレジンや根管治療、歯牙再植による「なるべく削らない歯を残す治療」に取り組んでいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております