むし歯の進行と治療

むし歯は、歯垢の中で住み着いている細菌(ミュータンス菌=むし歯菌)が引き起こす感染症です。むし歯菌は、お口の中に食べ物が入ってくると、そこに含まれている糖質をエサにして酸を発生します。この酸が、歯の表面のミネラルを溶かしてむし歯を作ります(脱灰)。通常は、酸が中和されたり、溶け出たミネラルが元に戻ります(再石灰化)が、このバランスが崩れるとむし歯になります。

CO(初期のむし歯)CO
酸がエナメル質を溶かして茶色く変色しています。この段階であれば、特別な治療は必要ありません。フッ素を塗ったり、ブラッシングしたりすることで再石灰化が期待できます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
酸がエナメル質を溶かして穴が空いた状態です。まだ神経に到達していないので、痛みやしみなどの自覚症状はありません。この段階では、歯の表面を削って詰め物を入れる治療をします。

C2(象牙質のむし歯)C2
細菌が象牙質に到達して穴が開いた状態です。この段階になると神経付近に到達していますので、温かい、もしくは冷たい飲食物を口にすると、しみたり痛くなることがあります。この段階での治療は、歯を大きく削る治療が必要です。感染が大きければ神経を取って被せ物を装着します。

C3(歯髄のむし歯)C3
神経に細菌が到達して、歯髄炎(神経部分の炎症)が起きて激しい痛みが伴います。治療では、抜髄(神経を取る処置)をして、根管治療(根の治療)をします。根管内を完全殺菌して薬で密封して被せ物を装着します。

C4(末期のむし歯)C4
歯質がほとんど溶かされて根元だけが残っている状態です。激しい痛みがあり、健康な歯にも悪い影響を与えます。治療が可能な状態であれば、根管治療をして保存します。治療が難しい場合は抜歯となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております