基本に忠実な治療

基本に忠実な治療

むし歯治療でもっとも重要なことは、歯科治療の基本を忠実に守ることです。基本が疎かになると治療が雑になり、被せた詰め物が取れてしまったり、再発リスクが高まり、歯を長く持たせることができなくなったりします。当院では、歯科治療の基本を忠実に守り、ていねいで確実な治療を心がけています。

基本に忠実な治療の取り組み
当院が考える「基本に忠実な治療」とは、むし歯の取り残しがなくしっかり接着し、見えない部分もていねいに処置する治療です。それを実現するために、様々な取り組みを行っています。

【1】むし歯検知液で確実に削り取る
むし歯を削る時は、むし歯検知液を使用します。むし歯検知液は、むし歯だけに反応する薬で、歯に塗ると、むし歯の部分だけが染まります。検知液が見えなくなるまでていねいに削っていくと、削り残しや削りすぎがなくなって、確実にむし歯だけを除去できます。

【2】しっかり接着する
詰め物や被せ物は、セメントを使って接着させますが、この時、唾液などの水分に触れると接着力が弱くなり、後から外れたり取れてしまったりします。そこで、なるべく唾液に触れないように接着することで、接着力を保つことができます。

【3】見えない部分もていねいに処置する
根の先は3~4本に分かれています。根の先の病巣を治療する時、4本のうち、2本だけしか処置しないと、再発リスクが高まります。見えない部分だからと手を抜かずに、根管長測定器できちんと測定して、やり残しのない治療を心がけています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております