当院が考える3つの予防

当院が考える予防とは、次の3つになります。

1.むし歯の予防
2.歯周病の予防
3.咬合崩壊の予防

1と2は、PMTCやブラッシング指導など、歯科衛生士が行う予防処置です。3は、ドクターが行う積極的な咬合治療で、咬み合わせを治してお口全体を健康にするための予防処置になります。

担当衛生士による予防処置当院が考える予防
当院では担当衛生士制を導入しています。患者さまごとに担当の衛生士がついてお口の中をクリーニングしたり、予防的な指導を行います。毎回、同じ衛生士が担当するので、状態の変化が手に取るようにわかり、適切な処置とアドバイスができます。また、定期検診直前になると、検診のご案内葉書をお送りします。患者さまと真摯に向き合い、責任を持ってお口の健康をお守りいたします。

ドクターによる積極的な予防処置当院が考える予防
片方の歯が悪いと、反対側の歯だけで噛むようになり、やがてドミノ倒しのように全体の歯が次々と悪くなっていきます。それを予防するために、インプラントやブリッジで全体的な咬み合わせを作り、咬合崩壊を防ぎます。つまり、特定の歯に負担がかからないように治療するのが、ドクターの行う積極的な予防処置です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております