接着にこだわった長持ちする審美歯科

審美歯科審美歯科において重視しているのは接着です。被せた歯を長持ちできるかどうかは、接着技術にかかっているといっても過言ではありません。やり直し治療で銀歯を外すと、中が黒くなっていることがあります。これは、中の接着剤が溶け出して、内側にむし歯ができているためです。金属の被せ物を装着する時は、銀歯と歯の間に合着セメントを入れてくっつけますが、唾液で溶ける性質があり、隙間ができて二次的なカリエスリスクが高まります。

当院では、歯と被せ物がぴったりとくっつく接着剤を使用しています。唾液で溶け出したり、隙間ができたりしないのでむし歯になりにくく、長く持たせることができます。もちろんきちんと咬み合うように咬合調整しますので、お口全体が健康になります。接着にこだわることで、患者さまのお口と全身の健康を守り、それが予防にもつながると考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております