歯を失った後の3つの治療法

現在、歯を失った後の治療には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、その中でも、もっとも天然の歯に近い状態になる治療がインプラントです。

入れ歯とブリッジとインプラントの違い
●入れ歯入れ歯
取り外しのできる人工歯で、比較的短期間で治療が終ります。保険適用の材料もあり経済的ですが、金具で固定させるので不安定になりやすく、痛みや違和感があります。また、調整を怠って長期間使用し続けると、顎の骨が吸収されていくことも言われています。

●ブリッジブリッジ
両隣の歯を削り、その上から人工歯を被せる方法です。被せる歯の材料によっては保険適用となり経済的ですが色が目立ちます。入れ歯に比べると安定性はありますが、健康な歯を削るため、土台になる歯にダメージがかかりやすい方法です。

●インプラントインプラント
残っている歯を削る必要がなく、根元から回復するので安定性に優れていて、天然の歯と遜色のない噛み心地と自然な美しさを再現できます。また、しっかり噛めるようになることで咬み合わせが安定するため、残っている歯を守ることができます。手術をしてインプラントを埋入するため治療期間が長くなり治療費も高額になりますが、メリットの多さを考えると、インプラントが優れている治療であることがわかります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております