歯周病が妊婦に与える影響

妊婦に与える影響妊娠すると女性ホルモンの影響で歯肉炎を起こしやすくなります。口腔ケアを怠っていると衛生状態が悪くなって、歯周病に進行していまいます。妊娠中に歯周病になると、細菌の影響で早産や未熟児出産のリスクが高まりますので、妊娠したらいつも以上に注意が必要です。元気な赤ちゃんを出産するためにも、妊娠したら定期検診をきちんと受けて、早期発見・治療に努めましょう。

歯周病菌が早産を引き起こす理由
妊娠中に歯周病になると、歯周病菌が血管内に入り、女性ホルモンの量が3倍に増えます。同時に子宮内の羊水の「プロスタダラジン」という物質も急激に増加します。通常は徐々に増えていき、一定量を越えると陣痛が始まって出産しますが、歯周病になると、急激に「プロスタダラジン」が増加するため、出産予定日よりも早く子宮の収縮が始まり、早産や未熟児出産を起こしてしまいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております