当院の入れ歯メニュー

保険の入れ歯から、バネの見えない目立たない入れ歯、金属床の入れ歯まで、豊富な種類を取り揃えています。患者さまのニーズに合わせてお好きな入れ歯をお選びください。

【スマイルデンチャー】バネの見えない入れ歯スマイルデンチャー
スマイルデンチャーは、ノンクラスプデンチャーともいわれる、バネの見えない入れ歯です。一般的な入れ歯は、金属金具を使って歯に固定させるため、金具が目立ってしまいます。この入れ歯は、留め具の部分に特殊な樹脂を使っているので、装着してもほとんど気づかれることがありません。使われる素材はソフトで歯ぐきに優しく違和感がほとんどありません。水を吸収しにくく、汚れやニオイの発生が少ない身体に優しい入れ歯です。

【金属床】美味しく食べられる快適な入れ歯金属床
金属床は、上顎と密着する床部分に金属を使っている入れ歯です。一般的な入れ歯はプラスチック床ですが、厚みがあるので違和感があり、しかも食べ物の温かさや冷たさが伝わりません。金属床は熱伝導率(熱の伝わり方)が良いので食べ物の温かさや冷たさがわかり、食事を美味しくいただけます。プラスチックに比べると軽くて薄く、コンパクトで違和感が少なく、お口の中がひろびろと感じます。金属には様々な種類があり、当院では「チタン」や「コバルト」を使っています。

コンフォートデンチャーコンフォートデンチャー
コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンというソフトなクッション材で覆うといった特殊加工技術のことです。入れ歯に求められるクッション性と密閉性の双方を大幅に向上させることができ、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」といった従来のデメリットを克服し、歯ぐきにかかる負担をやわらげるだけでなく、強く噛む力を生み出すという2つの機能を兼ね備えた入れ歯です。

【保険の入れ歯】プラスチックの入れ歯保険の入れ歯
保険でお作りするプラスチック製の入れ歯で、短期間で仕上り治療費もリーズナブルです。耐久性を出すためにどうしても厚く作る必要があり、自費の入れ歯と比べると違和感を感じやすい場合もありますが、初めてお作りする方には、保険の入れ歯から始めて慣れていただくことをおすすめしています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております