小児矯正

小児矯正お子さまの歯並びが気になっても、矯正治療を始めるタイミングがわからない方は、少なくありません。一般的には、6歳から12歳頃の混合歯列期にあたる、乳歯から永久歯に生え変わる時期から、治療をスタートさせるのがベストといわれます。この時期は成長期にあたり、負担の少ない治療ができる時期です。お子さまの顎の発育を利用しながら顎を広げたり歯を移動させたりすることで、非抜歯矯正の可能性が高くなります。とはいえ、治療が必要かどうかの見極めは、専門家でなければ難しく、タイミングを逃してしまうと抜歯をしたり、治療期間が長びいたりする可能性があります。少しでも歯並びが気になったら、小学校入学前後に一度、専門医の診断を受けるとよいでしょう。

当院の矯正専門医は子ども好きです。優しく接してお子さまの不安を和らげていきますので、お子さまの歯並びが気になったら、なるべく早めにご相談ください。

<矯正治療のメリット>
・歯並びが整うので、見た目が美しくなります
・歯ブラシが当たりやすくなって、プラークコントロールがしやすくなります
・むし歯や歯周病になりにくくなります
・咬み合わせがよくなり、食べ物をしっかり噛めるようになります
・発音がよくなり、しっかり喋れるようになります
・見た目のコンプレックスが解消されて、自信が持てるようになります

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております