2016年3月29日

スタッフ募集

求人情報

当院は、「患者さまが安心して通える歯科医院」をコンセプトに、患者さまを自分の家族と同じように考え、優しさと思いやり、おもてなしの心を大切にする歯科医院です。患者さまに満足していただける治療を提供するために、万全の診療体制を整えていますが、さらなる歯科医療の充実に向けて、一緒に働いてくださるスタッフを募集しています。

患者さまを家族と思って接するように、スタッフ同士も家族と同じです。一人ひとりのスタッフは、優しさと思いやりの気持ちとコミュニケーションを大切にしています。明るく笑顔の絶えないアットホームな雰囲気の中、きっと、医療人としてのやりがいを見つけていただけると思います。

先輩からのメッセージ先輩からのメッセージ
新しい職場になると、今までの環境とはガラリと変わり、戸惑うことも多いと思います。私達はフォロー体制をしっかり整えていますので、すぐに慣れていただけると思います。指導担当のスタッフが一人ついてマンツーマンで指導しますので、何でも相談してください。独り立ちできるまで、しっかりサポートします。スタッフ同士のコミュニケーションが取れる職場なので、困ったことや心配なことがあればいつでもフォローします。どうぞ安心してきて来てください。

当院に来ていただきたい方
・「当院の理念」に共感できる方
・チームプレーができる方
・素直でチームワークを大事にする方
・新しいことに積極的にチャレンジできる方
・他のスタッフを、自分の分身と思って働ける方
・常にプラス思考で仕事に取り組める方

ご興味を持ちの方は、院内見学も随時行っていますので、お気軽にお問合せください。「一緒に働きたい!」と思ってくださる方のご応募を、心よりお待ちしています!

募集要項(歯科医師)

募集 正社員(常勤)
給与 月給制、日給制、時給制(応相談)
勤務 〒062-0934
札幌市豊平区平岸4条13丁目3-20 ラ・クラッセ南平岸ステーションタワー1F
市営地下鉄南北線 南平岸駅(東口)より徒歩1分
診療時間 平日 AM9:30~13:00 PM14:30~20:30
土曜 AM9:30~13:00 PM14:00~17:00
休日 日・祝日 ※夏季・冬季休暇あり
資格 歯科医師免許
待遇 詳細は面談の上
仕事内容 歯科診療全般
●各種セミナー参加、院内での定期的勉強会、個人指導あり
診療科目 一般歯科・予防歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・ホワイトニング・矯正歯科・顎関節症治療
応募方法 まずはお電話にてお問い合わせください
011-837-0648

募集要項(歯科衛生士/受付 兼 歯科助手)

募集 正社員・パート
給与 能力等により優遇
勤務 〒062-0934
札幌市豊平区平岸4条13丁目3-20 ラ・クラッセ南平岸ステーションタワー1F
市営地下鉄南北線 南平岸駅(東口)より徒歩1分
診療時間 平日 AM9:30~12:30 PM14:30~20:00
土曜 AM9:30~12:30 PM14:00~16:00
休日 日・祝日+他1日(週休2日制) ※夏季・冬季休暇あり
資格 歯科衛生士(歯科衛生士の方)
待遇 詳細は面談の上
仕事内容 歯科医院内での歯科衛生士/事務
●各種セミナー参加、院内での定期的勉強会、個人指導あり
診療科目 一般歯科・予防歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・ホワイトニング・矯正歯科・顎関節症治療
応募方法 まずはお電話にてお問い合わせください
011-837-0648

院長あいさつ

院長あいさつ

数あるHPの中で、当院をご覧いただきまして、ありがとうございます。少しでもご興味を持っていただいて大変うれしく思います。

アイビー歯科クリニックの院長/今井崇博(いまいたかひろ)です。当院は、札幌市豊平区にある、お子さまからご年配まで親子で一緒に通院できる歯科医院です。地下鉄南平岸駅の東口を出たすぐ正面にあり、仕事や学校帰り、お買い物ついでに来院される方が増えています。

当院の理念は、「スタッフやその家族が安心して通院できる歯科医院」です。スタッフが治療を受けた時に不快に感じることがあれば、患者さまにとっても嫌なこと。その逆に、私達が安心できる治療は、患者さまにとっても安心できる治療です。これを常に意識しながら、満足していただける歯科医療に取り組んでいます。

高齢化社会といわれる今、患者さまのニーズは多様化し、よりカスタマイズしたオーダーメイド医療が求められています。当院では、カウンセリングを重視し、患者さまのご要望に沿った歯科医療の提供に努めています。初診時には、治療に入る前にカウンセリングを行い、専門スタッフが患者さまのお話しをじっくり伺いながら、歯科医療にありがちな「痛い」「怖い」といった不安を取り除いていきます。

歯が健康になった患者さまが笑顔と自信を取り戻し、生涯、ご自分の歯で食べられる喜びを味わっていただくことが当院の喜びであり、それが地域における当院の役割であると考えております。お口の健康でお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。
皆さまのご来院を心よりお待ちしています。

「安心して通える歯医者さん」であるために

院長あいさつ開院当初、私が求めていた理想の歯医者さん像は、「家族のような歯科医院」。そのコンセプトは「当院の理念」となり、今に続いています。街の中に出ると、右にも左にもたくさんの歯医者さんが並んでいます。これだけたくさんあるのですから、よほど魅力的な歯科医院でなければ、患者さまに選んでいただくことは難しいでしょう。

当院は、患者さまが安心して通院できる歯科医院であるために、よりよい歯科医療の提供に努めています。医療設備の充実や万全滅菌対策、快適でリラックスできる医院づくりなど、ハード・ソフトの両面から充実を図っています。また、医療知識や技術の向上にも積極的で、ドクターや歯科衛生士を始め、すべてのスタッフが日々、研鑽を重ねています。歯の悩みに関することでしたら、出来る限りの歯科医療を提供したいと考えています。私を含めたすべてのスタッフがより良い治療を提供できるよう、これからも努力を続けます。

地域に貢献する歯科医院

院長あいさつ当院は、インプラントや歯牙再植に対応できる歯科医院です。高度な外科処置ですが、私がこうした技術を習得できたのは、勤務医時代にお世話になった院長のお蔭だと思っています。当時私が勤務したのは大きな医療法人の分院で、北海道の外れにある浦幌町。そこの院長は技術力に優れ、厳しいながらも治療から患者さまとの対応まで、医療人としてのあるべき姿を教えてくださいました。

あらゆる歯の悩みにお応えします!
私は、地域密着型の歯科医院には、オールラウンドな治療が求められていると思います。患者さまの多くは、この地で生まれ育って暮らしている方です。年月とともに主訴がむし歯から歯周病、やがては入れ歯やインプラントへと変わっていきます。そうした時、オールラウンドな治療ができれば、末永く患者さまのお口の健康をお守りすることができます。

むし歯治療から歯周病治療、矯正からインプラント、歯牙移植・歯牙再植まで、ほとんどの歯の悩みが当院で解消できます。数ある歯科医院の中から当院を選んでくださった患者さまのためにも、日々研鑽に励みながら、よりよい歯科医療の提供に努めていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

院長経歴

院長あいさつ院長 今井 崇博(いまい たかひろ)

【略歴】

  2001年 北海道大学歯学部卒
  2001年~2002年 桜町歯科診療所勤務(浦幌町)
  2002年~2004年 三好プリベント歯科勤務(札幌市)
  2004年~現在 アイビー歯科クリニック開業

・日本歯周病学会 会員
・日本ヘルスケア学会 会員

顎関節症

顎関節症

・顎を動かすと、顎や頬のあたりに痛みがある
・口を開けても指が2本程度しか入らない
・咬み合わせると、顎のあたりに違和感がある
・顎を動かすと、カクカクと音がする
・口を完全に閉じられない

このような、顎の症状でのお悩みはありませんか。顎や顎関節に不調がある場合、顎関節症の可能性があります。そのままにしておくとさらに悪化して、激しい痛みが伴うようになります。当院では顎関節症の治療を行っていますので、顎に違和感がある方は、早めの相談をおすすめします。

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症ってどんな病気?顎関節症は、顎関節の周辺に何らかの異常が生じる慢性的な疾患です。症状は顎に痛みがあったり、顎の関節がカクカクと鳴ったり、口を開けにくくなったり、顎を支えている筋肉に痛みが起きたりします。軽い痛みから激痛が走る重症まで症状は様々です。

顎関節症の原因
主に次の原因が考えられますが、一つに特定することは難しく、色々な要素が複雑に関係し合っています。

●歯並び
しっかり咬み合わなくなるので、力のバランスが崩れて顎関節に負担がかかり、顎関節症になります。

●生活習慣
頬杖をついたり、うつぶせ寝や猫背などがあると、顎や筋肉に負担がかかり、顎関節症になります。

●ストレス
ストレスが強くなると、食いしばりや歯ぎしりがひどくなり、顎関節に負担がかかります。

顎関節症を改善するには?
顎関節症は、生活習慣を見直すことで予防することができます。食いしばりや頬杖などの悪い癖があれば止めましょう。片側で食べ物を噛む癖があると、顎関節症になりやすくなります。片噛みを止めて、全体の歯でしっかり噛むようにしましょう。また、顎をカクカクさせる癖があると、顎関節に負担がかかります。極端に硬い物ばかり食べていても、同じです。こうしたことに気をつけるだけでも、顎関節の負担は軽減されますので、普段から心がけましょう。

顎関節症の治療

顎関節症の治療顎関節症は、スプリント療法で治療をします。スプリント療法とは、マウスピースを使った治療法です。就寝中に取り外し式のマウスピースを装着することで、顎関節にかかる力を和らげて、咬み合わせを正しい位置に誘導します。顎関節だけでなく、歯ぎしりやいびきの防止、睡眠時無呼吸症候群の改善効果もあります。健康保険が適用できますので、顎関節症や歯ぎしり、いびきなどでお悩みの方は、一度ご相談ください。

矯正歯科

矯正歯科

・子どもの歯並びが気になるので、専門の先生にみてもらいたい
・前歯が凸凹していて、人目が気になってしまう
・笑った時に、スマイルラインがキレイな歯並びにしたい

このように、歯並びでお悩みではありませんか? 歯並びが悪いと見た目が気になり、消極的になったり、自信をなくしたりする方が少なくないようです。お口の中の衛生状態も悪くなり、将来的にむし歯や歯周病のリスクが高まりますので、なるべく早めに矯正専門医の診断を受けることをおすすめします。

当院では専門医による矯正治療を行っています。担当するドクターは、矯正学会認定医。小児期から成人まで、それぞれの年齢に合わせた専門性の高い治療で、歯並びの悩みを解消します。まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正お子さまの歯並びが気になっても、矯正治療を始めるタイミングがわからない方は、少なくありません。一般的には、6歳から12歳頃の混合歯列期にあたる、乳歯から永久歯に生え変わる時期から、治療をスタートさせるのがベストといわれます。この時期は成長期にあたり、負担の少ない治療ができる時期です。お子さまの顎の発育を利用しながら顎を広げたり歯を移動させたりすることで、非抜歯矯正の可能性が高くなります。とはいえ、治療が必要かどうかの見極めは、専門家でなければ難しく、タイミングを逃してしまうと抜歯をしたり、治療期間が長びいたりする可能性があります。少しでも歯並びが気になったら、小学校入学前後に一度、専門医の診断を受けるとよいでしょう。

当院の矯正専門医は子ども好きです。優しく接してお子さまの不安を和らげていきますので、お子さまの歯並びが気になったら、なるべく早めにご相談ください。

<矯正治療のメリット>
・歯並びが整うので、見た目が美しくなります
・歯ブラシが当たりやすくなって、プラークコントロールがしやすくなります
・むし歯や歯周病になりにくくなります
・咬み合わせがよくなり、食べ物をしっかり噛めるようになります
・発音がよくなり、しっかり喋れるようになります
・見た目のコンプレックスが解消されて、自信が持てるようになります

大人の矯正治療

大人の矯正矯正治療は小児矯正だけと思われがちですが、最近では成人になってから矯正するケースが増えています。小児矯正のように顎の発育は利用できませんが、正確に診断して治療計画通りに進めていけば、理想的な歯並びに整えることができます。

大人になってからの矯正のメリットは、見た目の解消のほかに、むし歯や歯周病のリスクが軽減して、お口全体が健康になることです。特に40代以降になると、歯周病になりやすく、ひどくなると歯が動いてしまい、咬み合わせが悪くなります。矯正することで咬み合わせが安定してお口全体が健康になります。もう大人だからと諦めずに、歯並びが気になる方は一度、専門医の診断を受けることをおすすめします。

専門医による矯正相談を実施しています

矯正相談「歯並びが気になるけど矯正治療が必要なの?」
「治療期間はどのくらいかかるの?」
「どのような装置を使うの?」等々。
初めての矯正治療は、わからないことだらけです。当院では、矯正治療を考えている方のために、毎月1回、矯正専門医による矯正相談を実施しています。ご希望の方は、お口の中の写真と模型を作り、それを見ながら矯正専門医が詳しく説明いたします。矯正治療とはどのような治療なのかから始まり、治療の進め方や治療費についてまで、お話しいたします。わからないことや不安なことがあれば、ていねいにお答えいたしますので、遠慮せずに質問してください。説明を受けてから、治療を受けるかどうかを決めていただいても結構です。ご興味をお持ちの方は、ドクターまたはスタッフまで、お気軽にお声をかけてください。

しっかり咬み合う満足できる入れ歯

入れ歯

入れ歯の不満で多いのは、「痛い」「噛めない」「外れる」といった不具合です。使い勝手が悪いため「入れ歯は使わない」という方もまれにいらっしゃいます。入れ歯は人工物なので若干の違和感はありますが、咬み合わせを考えて作れば快適な入れ歯になります。入れ歯は使い続けていただくことが大切です。当院ではズレや痛みなどのトラブルが少ない、ぴったり咬み合う入れ歯作りに努めています。

満足できる入れ歯とは
一口に「満足できる入れ歯」といっても、患者さまによって求めているものは違います。見た目が気になる方は審美性を重視しますし、食事を楽しみたい方は、しっかり噛めて痛くない入れ歯を求めます。また人と話す機会の多い人は、しゃべる時にズレたり外れない入れ歯が必要でしょう。入れ歯をお作りする時は、一人ひとりのご要望に応えることも大切ですが、しっかり「噛める」ことがもっとも重要です。なぜなら、咬み合わせの悪さがすべてのトラブルを引き起こすからです。当院では、患者さまのニーズと咬み合わせを加味した、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの入れ歯をご提供しています。

咬み合わせを考えた快適な入れ歯

快適な入れ歯咬み合わせの悪い入れ歯を使っていると、噛んだ時に力のバランスや顎の動かし方が不自然になり、顎の位置がズレてきてしっかり噛めなくなり、ズレやガタツキ、痛みなどの原因にもなります。今使っている入れ歯で痛みがある場合、痛みの原因を調べてそれを改善して作らなければ、新しい入れ歯を作っても痛みがでてくるのです。当院では、噛んだ時にもっとも力が加わる位置を調べて作るので、しっかり噛める入れ歯になります。

模型やお口の中を見て三次元的に確認すると、もっとも安定する位置がわかります。咬み合わせのバランスを整えると、ズレやガタツキ、痛みがほとんどなく、違和感の少ない満足できる入れ歯に仕上がります。当院の咬み合わせを考えた入れ歯で、噛める喜びを取り戻してください。

入れ歯を長く使うために

入れ歯を長く使うために入れ歯を作っても、慣れるまでには時間がかかり微調整が必要です。初めて装着した時には若干のズレや痛みなどがありますので、お口に馴染むまで調整いたします。硬い物を食べようとすると痛くて噛めないので、柔かい物から徐々に慣らすようにしてください。

使い続けていくと歯ぐきが痩せてきたり、隙間ができたりすることがありますが、裏打ちなどをして調整することで安定してきます。作りっぱなしにせずにメインテナンスすることで快適な状態を維持できて、長くお使いいただけます。患者さまのお口の一部として大切にお使いください。

当院の入れ歯メニュー

保険の入れ歯から、バネの見えない目立たない入れ歯、金属床の入れ歯まで、豊富な種類を取り揃えています。患者さまのニーズに合わせてお好きな入れ歯をお選びください。

【スマイルデンチャー】バネの見えない入れ歯スマイルデンチャー
スマイルデンチャーは、ノンクラスプデンチャーともいわれる、バネの見えない入れ歯です。一般的な入れ歯は、金属金具を使って歯に固定させるため、金具が目立ってしまいます。この入れ歯は、留め具の部分に特殊な樹脂を使っているので、装着してもほとんど気づかれることがありません。使われる素材はソフトで歯ぐきに優しく違和感がほとんどありません。水を吸収しにくく、汚れやニオイの発生が少ない身体に優しい入れ歯です。

【金属床】美味しく食べられる快適な入れ歯金属床
金属床は、上顎と密着する床部分に金属を使っている入れ歯です。一般的な入れ歯はプラスチック床ですが、厚みがあるので違和感があり、しかも食べ物の温かさや冷たさが伝わりません。金属床は熱伝導率(熱の伝わり方)が良いので食べ物の温かさや冷たさがわかり、食事を美味しくいただけます。プラスチックに比べると軽くて薄く、コンパクトで違和感が少なく、お口の中がひろびろと感じます。金属には様々な種類があり、当院では「チタン」や「コバルト」を使っています。

コンフォートデンチャーコンフォートデンチャー
コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンというソフトなクッション材で覆うといった特殊加工技術のことです。入れ歯に求められるクッション性と密閉性の双方を大幅に向上させることができ、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」といった従来のデメリットを克服し、歯ぐきにかかる負担をやわらげるだけでなく、強く噛む力を生み出すという2つの機能を兼ね備えた入れ歯です。

【保険の入れ歯】プラスチックの入れ歯保険の入れ歯
保険でお作りするプラスチック製の入れ歯で、短期間で仕上り治療費もリーズナブルです。耐久性を出すためにどうしても厚く作る必要があり、自費の入れ歯と比べると違和感を感じやすい場合もありますが、初めてお作りする方には、保険の入れ歯から始めて慣れていただくことをおすすめしています。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、細菌が引き起こす感染症の一つで、歯を支えている骨を徐々に溶かす病気です。放っておいて重篤化すると歯がぐらぐらになって抜け落ちてしまうこともあります。早期発見・治療、そして定期的なメインテナンスが大切です。少しでも歯ぐきの状態が気になったら、早めの検診をおすすめします。

担当歯科衛生士が徹底的にサポートします!

担当歯科衛生士患者さまのお口を拝見していると、ほとんどの方が歯周病に感染しています。自覚症状はありませんが、歯周病検査で初めて歯周病を発見した方がほとんどです。歯周病治療は時間がかかり、患者さまのモチベーションが根治の鍵を握っています。しかも、治療効果がわかりにくいので、途中で嫌になったり、投げ出しそうになる方も少なくありません。そんな患者さまをサポートするのが歯科医師や衛生士です。当院では、担当衛生士制を導入し、担当衛生士がマンツーマンでサポート。患者さまのモチベーションを高めて、ご自身でしっかりケアできるように指導いたします。

モチベーションを高めて歯周病を克服!
患者さまのお口をよく知っているのは担当歯科衛生士です。デンタルXでまとめたデータをお見せしながら、お口の変化をきちんとお伝えします。症状が改善された部分があれば、患者さまの努力をねぎらったり、改善が必要な時は適切なアドバイスをいたします。歯周病は、歯周病治療とご自身のケアを継続すれば進行を食い止めることができます。担当衛生士が精いっぱいサポートいたしますので、歯周病の根治を目指して一緒にがんばりましょう!

●デンタルX(デンタルテン)
歯科診断ソフトのことで、レントゲン撮影やむし歯・歯周病などの検査データをわかりやすくまとめることが出来る情報提供・コミュニケーションツール。難しい専門知識を知らなくても口腔内の状態が一目でわかるイラスト付き診断書。

担当衛生士制はこちらへ

当院の歯周病治療

スケーリング歯周病治療
スケーリングは歯周病治療の基本ともいえる治療で、歯ぐきから上の汚れを除去する処置です。歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる器具を使い、歯と歯ぐきの境目に付着している汚れや歯石をていねいに取り除きます。歯周病菌も一緒に除去するので、処置後は歯ぐきが引き締まります。初期の歯周病でしたら、スケーリングとプラークコントロールだけでほぼ根治が可能です。

ルートプレ―ニング
歯周病が進行して、歯周ポケット内部まで汚れや歯垢が溜まると、スケーリングでは除去することができません。ルートプレーニングで歯ぐきから下に付着した、汚れや歯垢を除去します。痛みがある場合は麻酔をかけて、スケーラーで歯周ポケット内部に付着した汚れをかきとるように取り除きます。歯周ポケットの深さが4㎜以上になると、ルートプレ―ニングの適応になります。

歯周内科
歯周内科は、お薬を使った歯周病治療です。抗生剤を服用して、身体の内側から歯周病菌を除菌して、歯周病をコントロールします。急性症状が強い場合、スケーリングをしても症状が緩和しない場合は、お薬で腫れや炎症を抑えてからスケーリングをすると、効率よく治療を進められます。

歯周外科
重度の歯周病でスケーリングやルートプレ―ニングだけでは症状が緩和しない場合、歯周外科の適応となります。色々な処置方法がありますが、一般的には「フラップ手術」と呼ばれる処置が行われます。歯ぐきを切開して、直接根っ子に付着している歯石や汚れを除去して、溶けて凹凸になっている部分を滑らかにした後に、歯ぐきを元の状態に戻します。

歯周病が妊婦に与える影響

妊婦に与える影響妊娠すると女性ホルモンの影響で歯肉炎を起こしやすくなります。口腔ケアを怠っていると衛生状態が悪くなって、歯周病に進行していまいます。妊娠中に歯周病になると、細菌の影響で早産や未熟児出産のリスクが高まりますので、妊娠したらいつも以上に注意が必要です。元気な赤ちゃんを出産するためにも、妊娠したら定期検診をきちんと受けて、早期発見・治療に努めましょう。

歯周病菌が早産を引き起こす理由
妊娠中に歯周病になると、歯周病菌が血管内に入り、女性ホルモンの量が3倍に増えます。同時に子宮内の羊水の「プロスタダラジン」という物質も急激に増加します。通常は徐々に増えていき、一定量を越えると陣痛が始まって出産しますが、歯周病になると、急激に「プロスタダラジン」が増加するため、出産予定日よりも早く子宮の収縮が始まり、早産や未熟児出産を起こしてしまいます。

ホワイトニングで白くて美しい口元に!

ホワイトニング

・歯が黄ばんでいるので、恥ずかしくて口を開けて笑えない
・神経のない歯がくすんでいるので、白くしたい
・今すぐ歯を白くしたい
・歯ぐきが黒ずんでいて、顔色が悪く見える

歯や歯ぐきが変色していると、顔色が悪く見えたり不健康そうに見えたりして、それだけで損をしてしまいます。こうした悩みを解決する治療がホワイトニングです。当院では、歯のくすみから歯ぐきの黒ずみまで、口元の魅力を引き立てる様々なホワイトニング法を取り入れています。ホワイトニングは歯や歯ぐきを痛めない、気軽にできる治療法として人気を集めています。

ホワイトニングコーティネータ―がわかりやすく説明します!
ホワイトニングに興味をお持ちでも、具体的な治療内容をご存知ない方が多いようです。ホワイトニングに関心をお持ちの方には、ホワイトニングコーディネーターの資格を持つ歯科衛生士がご説明いたします。治療の種類や治療方法、メリット・デメリットまで、わかりやすく説明いたします。不安や疑問にもていねいにお答えいたします。歯や歯ぐきの変色でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

患者さまのニーズに合わせたホワイトニングをご用意

ホワイトニング歯の黄ばみやくすみの原因は、コーヒーやお茶、ワインなどの色素沈着です。歯の内側まで染まっているため、歯みがきでは落とせません。こうした変色は、ホワイトニングで除去できます。ホワイトニングは、薬を使って歯を白くする、歯を削らずにできる治療法です。「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2種類があり、患者さまのニーズに合わせてお好きな方法をお選びいただけます。

【オフィスホワイトニング】効果がすぐにわかる!
歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に専用の漂白剤を塗った後、特殊な光を当てて浸透させます。この処置を3回程度繰り返すと、黄ばみやクスミがなくなって、白くて美しい歯になります。1回の施術でホワイトニング効果が実感でき、2~3回継続することで、見違えるような美しさになります。急いで白くしたい方やゆっくり時間の取れない方に適しています。

【ホームホワイトニング】マイペースでできるホワイトニングホワイトニング
ご自宅で行うホワイトニングで、好きな時にご自分でホワイトニングをしたい方に適しています。専用のマウスピース型トレーの中にホワイトニングジェル(漂白剤)を入れて装着して歯を白くする方法です。1日2時間ぐらいトレーを装着すると、歯の内側にゆっくりと薬が浸透していき、2週間程度で効果が現われます。オフィスホワイトニングに比べると時間はかかりますが、ゆっくりと浸透していくので歯に与えるダメージが少なく、また期間を前後させることでご希望の白さに調整できます。比較的、後戻りの少ないホワイトニングです。

ホワイトニングシステムには、色々な種類がありますが、当院では、安全かつ短期間で効果が現われる「NEWホワイトエクセル」を使用しています。

【ウォーキングブリーチ】神経のない歯をホワイトニング

ウォーキングブリーチ神経のない歯はホワイトニングができないと諦めていませんか?ウォーキングブリーチでしたら、神経がなくても白くて美しい歯にすることができます。

ウォーキングブリーチは、神経のない歯に特殊な漂白剤を入れて白くする方法です。白くしたい歯を削って薬を詰めて蓋をすると薬が浸透していき、薬を数回程度交換すると、徐々に歯が白くなります。保険が適用できますので、神経がないからと諦める前に、一度ご相談ください。

【ガムブリーチ】歯ぐきの黒ずみをキレイなピンクに!

歯ぐきの黒ずみが気になる方はいませんか?歯ぐきが黒ずんでいると顔色が悪く見え、不健康そうな印象を与えます。歯ぐきの黒ずみは、コーヒー・お茶の茶渋やタバコのヤニなどによるものです。メラニン色素が沈着しているので歯みがきでは落とせません。こうした黒ずみは、ガムブリーチで除去できます。

ガムブリーチ
術前
ガムブリーチ
薬剤塗布
ガムブリーチ
術後

ガムブリーチは、薬を使って歯ぐきの黒ずみを除去する方法です。専用の薬を歯ぐきに塗ると、数日後に表面の皮膚が剥がれて、自然な歯ぐきの色に戻ります。人によっては処置後に歯ぐきが痛くなることがありますが、お薬を処方いたしますので、塗っていただければ大丈夫です。1週間ぐらいで落ち着いてきて、キレイなピンク色に戻ります。歯ぐきの黒ずみが気になる方は、お気軽にご相談ください。

インプラント

インプラント

インプラントは、失った歯の機能を回復する治療の一つで、顎の骨の中に人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上から人工歯を被せて天然歯の代わりになる歯を作る治療です。

スピーティかつ安全なインプラント治療

インプラント治療インプラントは手術が伴うため、誰もが不安に感じると思います。不安なまま治療を始めると、大きなトラブルにつながる恐れもありますので、まずはインプラントについて、正しく理解することが必要です。当院では、安心してインプラント治療を受けていただくために3つのことに取り組み、安全で安心、スピーティかつ正確なインプラント治療を提供しています。

【1】わかりやすい説明
抜歯をする前に、その後の治療法についてわかりやすくお話しします。「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の違いや特徴をきちんと説明。模型や口腔内写真をお見せしながら、患者さまのお口の状態と今後の変化をわかりやすくお話しします。迷っている場合は、お帰りになってから検討していただきますが、その日は簡単な処置をして抜歯をせずに様子を見ます。なお、当院でインプラント治療を受ける場合は、インプラント治療の説明を受けた後、署名捺印をした同意書を必ずご提出いただいています。

【2】CTによる診断
インプラントを安全に埋入するために、CTによる正確な診断を行っています。撮影は外部の医療機関で受けていただき、撮影したデータが当院に転送されます。そのデータをもとに、骨や口腔内の状態を確認し、インプラントの長さや本数、埋入位置を決定します。難症例の場合は、協力していただいているドクターに診断してもらう場合もあります。なお、CT診断した上で、処置が難しいと判断した場合は、別の治療法をご提案する場合もあります。決して無理なインプラント治療はいたしませんので、ご安心ください。

【3】綿密なシミュレーション
手術時間が長びくと、患者さまに負担がかります。スムーズに進めるために、院長とアシスタント2名の3人体制で手術に臨みます。術前に模型やCTを使って綿密にシミュレーションを行い、時間をかけて準備をします。

【4】万全の滅菌対策
インプラント手術でもっとも怖いのは細菌感染です。クラスB滅菌器で消毒した治療器具を使用し、執刀医はオペ着を着用します。術中は患者さまに抗生剤を投与しながら行いますので、万全な感染対策を取っています。こうした取り組みが、安全かつスピーディなインプラント手術を実現します。

歯を失った後の3つの治療法

現在、歯を失った後の治療には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、その中でも、もっとも天然の歯に近い状態になる治療がインプラントです。

入れ歯とブリッジとインプラントの違い
●入れ歯入れ歯
取り外しのできる人工歯で、比較的短期間で治療が終ります。保険適用の材料もあり経済的ですが、金具で固定させるので不安定になりやすく、痛みや違和感があります。また、調整を怠って長期間使用し続けると、顎の骨が吸収されていくことも言われています。

●ブリッジブリッジ
両隣の歯を削り、その上から人工歯を被せる方法です。被せる歯の材料によっては保険適用となり経済的ですが色が目立ちます。入れ歯に比べると安定性はありますが、健康な歯を削るため、土台になる歯にダメージがかかりやすい方法です。

●インプラントインプラント
残っている歯を削る必要がなく、根元から回復するので安定性に優れていて、天然の歯と遜色のない噛み心地と自然な美しさを再現できます。また、しっかり噛めるようになることで咬み合わせが安定するため、残っている歯を守ることができます。手術をしてインプラントを埋入するため治療期間が長くなり治療費も高額になりますが、メリットの多さを考えると、インプラントが優れている治療であることがわかります。

当院がインプラントをご提案する場合

インプラント当院では、インプラントがすべてとは考えておりません。患者さまのお口全体や歯を失った部分を見た上で、インプラントが適していると判断した場合にご提案しています。

<インプラントをご提案するケース>
・骨の状態がよく、充分な厚みや量がある場合
・1本だけの欠損で、両隣の歯がしっかりしている場合
・全身の健康状態が良好な方

なお、全身疾患をお持ちの方はコントロールが難しいため、当院ではお断りさせていただく場合があります。

美しい口元を作る精密な審美歯科治療

審美歯科

・口を開けると奥歯の銀歯が目立ってイヤ
・前歯の形が不揃いなので、見た目が気になる
・被せ物を入れたら、すぐに外れてしまった

このような詰め物や被せ物の不満はありませんか?詰め物や被せ物には様々な種類がありますが、素材によって口元の印象が変わります。歯の治療をした後に、白くて美しい歯を選ぶと口元が美しくなり、お顔全体の雰囲気も若々しくなります。当院ではセラミックを用いた精密な治療で、美しい口元と快適なお口を作ります。歯の色や形が気になる方は、お気軽にご相談ください。

●審美歯科とは
審美歯科は、歯の色や形など審美性を重視した治療です。オールセラミックのような白い素材を使うことで美しいスマイルラインを作ります。美しさだけでなく汚れや細菌も付着しにくいので、むし歯になりにくく、お口全体が健康になります。耐久性にも優れているので、歯を長持ちさせることができます。

接着にこだわった長持ちする審美歯科

審美歯科審美歯科において重視しているのは接着です。被せた歯を長持ちできるかどうかは、接着技術にかかっているといっても過言ではありません。やり直し治療で銀歯を外すと、中が黒くなっていることがあります。これは、中の接着剤が溶け出して、内側にむし歯ができているためです。金属の被せ物を装着する時は、銀歯と歯の間に合着セメントを入れてくっつけますが、唾液で溶ける性質があり、隙間ができて二次的なカリエスリスクが高まります。

当院では、歯と被せ物がぴったりとくっつく接着剤を使用しています。唾液で溶け出したり、隙間ができたりしないのでむし歯になりにくく、長く持たせることができます。もちろんきちんと咬み合うように咬合調整しますので、お口全体が健康になります。接着にこだわることで、患者さまのお口と全身の健康を守り、それが予防にもつながると考えています。

美しい口元を演出するセラミック治療

オールセラミック当院では、「患者さまに本当にいいものだけを提供したい」というスタンスのもと、オールセラミックを使った治療を取り入れています。オールセラミックは審美性・強度に優れ、セラミックの中でも最強といわれる素材です。

保険の被せ物は、金属の土台の上に白いプラスチックを覆っているため、光りの加減によって、不自然に見えることがあります。オールセラミックは、土台も白いセラミックなので、光を透かしても天然の歯のように見えて、違和感がありません。歯の色も全体に合わせて調整できるので、馴染んで自然に見え、口元がより一層美しくなります。

<オールセラミックの特徴>
・表面が滑らかで汚れや細菌がつきにくく、むし歯や歯周病になりにくい
・強度に優れており、長く使うことができる
・金属を一切使っていないので、金属アレルギーの心配がない。
・接着技術により、歯と被せ物がぴったりくっつく
・歯と歯ぐきの境目が目立ちにくい

セレックで短期間で白い歯に!セレック
セレックは、CAD/CAMシステムで作るオールセラミックの人工歯です。CCDカメラでお口の中をスキャニングしてコンピューター上で設計し、そのデータをミリングマシンに転送すると、機械が自動的に削り出してくれます。型取りの必要はなく、コンピューターで設計することで精度が高まり、スピーディに処理できます。これにより短期間で白い歯が実現します!
場合によっては、1日で白い被せ物や詰め物の治療が可能になります。

その他の審美歯科メニュー

オールセラミック以外にも、審美性の高い人工歯を扱っています。歯の状態やご要望に合わせてお選びいただけます。

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(プラスチック樹脂)を練り混ぜて作る人工歯です。セラミックの美しさとレジンの柔かさをミックスしているので自然な美しさがあり、優しく咬み合うので歯に負担がかかりません。金属フリーなので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

メタルボンドメタルボンド
金属土台の上にセラミックを覆っている人工歯です。金属を入れることで強度を増していますが、光にあたると金属が透けるため、オールセラミックに比べると、審美性はやや劣ります。汚れや細菌、飲食物などの着色がつきにくくいので、お口全体の健康を保てます。金属を使用しているため、金属アレルギーのある方は、一度ご相談ください。

お子さまが安心できる小児歯科

小児歯科

・子どもが怖がりで、診察室に入ると泣きだしてしまう
・中学生になるまでは、むし歯のない子に育てたい
・歯医者さん嫌いの子どもにしたくない

歯医者さんは、薬のニオイや機械の音がして独得な雰囲気があり、お子さまにとっては怖い場所です。恐怖心が強くなると、入り口で泣きだしてしまうお子さまもいらっしゃいます。当院は、お子さまに無理をさせるような治療はいたしません。一人ひとりの子どもにきちんと説明し、納得してから治療に進みます。最初は怖がっていても、不安が一つひとつ消えていくと、歯医者さん嫌いが克服できます。小児歯科の得意な子ども好きなドクターもいますので、安心してお任せください。

当院の小児歯科の特徴

小児歯科の得意なドクターがいます!当院の小児歯科の特徴
お子さまはとても繊細で、ちょっとしたことで怖がってしまいます。不安を与えずに治療をするには、子どもの気持ちに寄り添うことが大切です。当院には、小児歯科の得意な子ども好きなドクターが在籍しています。その子の気持ちに合わせながら優しい言葉をかけてていねいに接しながら、不安な気持ちを和らげます。カウンセリングの時にお伝えくだされば担当させていただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

しっかり話をしてから治療を始めます
お子さまは、歯医者さんで何をするのかわからないと不安が強くなって怖がってしまいます。子どもであっても、きちんと説明して理解できれば、極端に怖がらなくなります。当院では、お子さまとの話を大切に考えています。診察室に入ってきたら、何をするのかをきちんと説明し、納得してもらってから治療に入ります。

初めてのお子さまはトレーニングから始めます
初めてのお子さまや恐怖心の強いお子さまの場合、説明が理解できていないと、トラウマを作ってしまうのでトレーニングから始めます。歯科衛生士が治療器具を持ちながら、「風だよ」、「掃除機だよ」と説明すると、興味を示し始めてやがて怖くないことがわかってきます。1回で理解できなくても、数回かけてトレーニングをすると、歯医者さんに慣れて自主性が芽生えてきます。

がんばったお子さまには、お楽しみが!当院の小児歯科の特徴
最後までがんばったら、楽しい「ガチャガチャ」が待っています。何が出てくるかはわかりませんが、器械を回すとおもちゃが一つ、コロン!と出てきます。おもちゃを励みにすれば、歯医者さんに来るのが楽しくなるのではないでしょうか。がんばって治療を受けましょう。

個室対応もできます!
お子さまに安心して治療を受けていただけるように、個室の診察室をご用意しています。ゆったりとしたスペースを設けているので、保護者の方はもちろん、同伴のごきょうだいも一緒に入れます。お子さまはご家族がそばにいると、安心して治療に専念できるようになります。DVDでアニメも見られますので、個室での診療をご希望の際はお気軽にお申し付けください。

キッズクラブでむし歯ゼロのお子さまを!

キッズクラブむし歯ゼロのお子さまを育てる一環として、0歳から12歳(小学生)までのお子さまを対象とした、「キッズクラブ」を作りました。対象年齢のお子さまは自動的に入会になり、無料でフッ素塗布や健康手帳のプレゼントがあり、ポイントをためていくとうれしいプレゼントとの交換もできます。歯ブラシや歯みがき剤などのデンタルグッズを割引価格で購入できる特典もご用意しています。お子さまが生涯、ご自分の歯で過ごすためには、この時期のむし歯予防がとても重要です。

楽しく通院できる当院のキッズクラブで、むし歯ゼロのお子さまを育てましょう!

小児歯科メニュー

歯ブラシ指導小児歯科メニュー
むし歯予防の第一歩は、歯みがきから。お子さまに正しい歯みがき習慣が身につくように、歯科衛生士が優しく指導します。歯ブラシの握り方や動かし方などを優しく指導しますので、コツを覚えて歯みがき上手になりましょう。

フッ素塗布小児歯科メニュー
フッ素には、歯の再石灰化を促して歯質を強くし、酸の発生を抑える働きがあり、むし歯予防効果が認められています。歯科医院で塗布するフッ素は濃度が高く、高い予防効果が期待できます。当院では、0歳から12歳までのお子さまには、無料でフッ素塗布を行っています。

シーラント小児歯科メニュー
シーラントは特殊な樹脂を奥歯の溝に詰めて蓋をする予防的な処置です。奥歯の溝は歯ブラシが届きにくいため、汚れがたまってむし歯になりやすい部分です。シーラントをすることで歯をむし歯からガードできます。取れると効果がなくなりますので、その場合は再処置をします。

お口全体を健康にする予防歯科

予防歯科

当院は、予防を中心とした歯科医療を実現するために、予防歯科に力を入れています。予防歯科とは、お口の中の環境を整えてむし歯や歯周病になりにくくし、お口全体の健康を維持管理する予防的な処置です。一般的には、歯科衛生士による予防処置を「予防歯科」と呼んでいますが、当院では歯並びや咬み合わせが崩れる「咬合崩壊」を防ぐ治療も予防の一つと考えています。むし歯や歯周病、咬合状態が、1年後、2年後、どう変化していくのかを考えながら、お口全体の健康を維持管理する予防歯科に取り組んでいます。

当院が考える3つの予防

当院が考える予防とは、次の3つになります。

1.むし歯の予防
2.歯周病の予防
3.咬合崩壊の予防

1と2は、PMTCやブラッシング指導など、歯科衛生士が行う予防処置です。3は、ドクターが行う積極的な咬合治療で、咬み合わせを治してお口全体を健康にするための予防処置になります。

担当衛生士による予防処置当院が考える予防
当院では担当衛生士制を導入しています。患者さまごとに担当の衛生士がついてお口の中をクリーニングしたり、予防的な指導を行います。毎回、同じ衛生士が担当するので、状態の変化が手に取るようにわかり、適切な処置とアドバイスができます。また、定期検診直前になると、検診のご案内葉書をお送りします。患者さまと真摯に向き合い、責任を持ってお口の健康をお守りいたします。

ドクターによる積極的な予防処置当院が考える予防
片方の歯が悪いと、反対側の歯だけで噛むようになり、やがてドミノ倒しのように全体の歯が次々と悪くなっていきます。それを予防するために、インプラントやブリッジで全体的な咬み合わせを作り、咬合崩壊を防ぎます。つまり、特定の歯に負担がかからないように治療するのが、ドクターの行う積極的な予防処置です。

当院の予防メニュー

PMTCPMTC
PMTCは歯科衛生士が行う、本格的な歯のクリーニングです。専用の器具を使って、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間に溜まっている汚れをていねいに取り除いて、仕上げにMIペーストを塗って歯周病を予防します。汚れと一緒に細菌も取り除くので、お口の中がさわやかになり、細菌による不快な臭いもなくなります。研磨剤やジェルコートは、数種類あり、お好みの味を選んでいただけます。

歯ブラシ指導歯ブラシ指導
歯科衛生士が正しい歯みがきの仕方を指導いたします。鏡を見ていただきながら、歯ブラシの当たっていない部分を確認していただき、効果的な汚れの落とし方を身につけていただきます。

フッ素塗布フッ素塗布
フッ素は、歯質を強くして酸の発生を抑えて、むし歯を予防する効果があります。市販の歯みがき剤にもフッ素が含まれていますが、歯科医院で扱っているフッ素は濃度が高く、より高い予防効果が期待できます。

基本に忠実な治療

基本に忠実な治療

むし歯治療でもっとも重要なことは、歯科治療の基本を忠実に守ることです。基本が疎かになると治療が雑になり、被せた詰め物が取れてしまったり、再発リスクが高まり、歯を長く持たせることができなくなったりします。当院では、歯科治療の基本を忠実に守り、ていねいで確実な治療を心がけています。

基本に忠実な治療の取り組み
当院が考える「基本に忠実な治療」とは、むし歯の取り残しがなくしっかり接着し、見えない部分もていねいに処置する治療です。それを実現するために、様々な取り組みを行っています。

【1】むし歯検知液で確実に削り取る
むし歯を削る時は、むし歯検知液を使用します。むし歯検知液は、むし歯だけに反応する薬で、歯に塗ると、むし歯の部分だけが染まります。検知液が見えなくなるまでていねいに削っていくと、削り残しや削りすぎがなくなって、確実にむし歯だけを除去できます。

【2】しっかり接着する
詰め物や被せ物は、セメントを使って接着させますが、この時、唾液などの水分に触れると接着力が弱くなり、後から外れたり取れてしまったりします。そこで、なるべく唾液に触れないように接着することで、接着力を保つことができます。

【3】見えない部分もていねいに処置する
根の先は3~4本に分かれています。根の先の病巣を治療する時、4本のうち、2本だけしか処置しないと、再発リスクが高まります。見えない部分だからと手を抜かずに、根管長測定器できちんと測定して、やり残しのない治療を心がけています。

【根管治療】重度のむし歯の治療

根管治療根管治療は、根の先に広がった病巣を除去して、歯を保存する治療です。ファイルと呼ばれる細い器具を使って根の先の病巣や感染した象牙質をていねいに取り除きます。その後、根管内部に残っている汚れをていねいに取り除き、殺菌消毒して薬を充填します。密封することで無菌状態になり、歯の寿命を引き延ばすことができます。

根管治療は難易度が高く、歯科医師の技術力に左右される治療です。当院では、根管長測定器で根の長さを調べながら処置するので、お薬を隙間なくぴったり詰めることができ、予後を高めています。

なるべく削らない歯を残す治療はこちらへ

むし歯の進行と治療

むし歯は、歯垢の中で住み着いている細菌(ミュータンス菌=むし歯菌)が引き起こす感染症です。むし歯菌は、お口の中に食べ物が入ってくると、そこに含まれている糖質をエサにして酸を発生します。この酸が、歯の表面のミネラルを溶かしてむし歯を作ります(脱灰)。通常は、酸が中和されたり、溶け出たミネラルが元に戻ります(再石灰化)が、このバランスが崩れるとむし歯になります。

CO(初期のむし歯)CO
酸がエナメル質を溶かして茶色く変色しています。この段階であれば、特別な治療は必要ありません。フッ素を塗ったり、ブラッシングしたりすることで再石灰化が期待できます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
酸がエナメル質を溶かして穴が空いた状態です。まだ神経に到達していないので、痛みやしみなどの自覚症状はありません。この段階では、歯の表面を削って詰め物を入れる治療をします。

C2(象牙質のむし歯)C2
細菌が象牙質に到達して穴が開いた状態です。この段階になると神経付近に到達していますので、温かい、もしくは冷たい飲食物を口にすると、しみたり痛くなることがあります。この段階での治療は、歯を大きく削る治療が必要です。感染が大きければ神経を取って被せ物を装着します。

C3(歯髄のむし歯)C3
神経に細菌が到達して、歯髄炎(神経部分の炎症)が起きて激しい痛みが伴います。治療では、抜髄(神経を取る処置)をして、根管治療(根の治療)をします。根管内を完全殺菌して薬で密封して被せ物を装着します。

C4(末期のむし歯)C4
歯質がほとんど溶かされて根元だけが残っている状態です。激しい痛みがあり、健康な歯にも悪い影響を与えます。治療が可能な状態であれば、根管治療をして保存します。治療が難しい場合は抜歯となります。

外科処置

外科処置

・子どもが転んで歯が抜けてしまったら、どうすればいいの?
・根管治療をしても根の状態がよくならないけど、他に治せる治療はないの?

このようなことでお困りの方はいませんか?歯が脱臼したり根管治療では治せないと、歯を失うことになるので不安に感じる方が多いと思います。こうした歯は、歯牙再植で残せる可能性があります。歯牙再植は、高度な外科処置の技術と経験が必要になり、対応できる歯科医院はそれほど多くはありません。当院は外科処置を学び、歯牙再植にも対応している歯科医院です。歯の脱臼や重度のむし歯でお困りの方は、一度当院までご相談ください。

脱臼した歯をスピーディに治します!

高度な外科処置お子さまが転んで歯を強くぶつけると、歯が脱臼して、ぐらついたり抜けてしまうことがあります。脱臼してから時間が経つと、根の部分を覆っている歯根膜が壊死してしまい、歯牙再植が難しくなるので受傷後なるべく早く処置することが大切です。時間が勝負になりますので、すぐにご連絡ください。

一口に歯の脱臼といっても様々で、完全に抜け落ちた場合や、ぐらついている場合、歯の位置が動いてしまったり、神経が死んでしまった場合などがあります。状態によって治療方法が変わり、必要に応じてレントゲンを取り、正常な位置に戻してから固定しますが、神経が壊死している場合は抜髄処置が必要になります。

脱臼した時のご注意
脱臼した歯を乾燥させてしまうと、歯根膜を傷つけたり、壊死してしまいます。抜けた歯は、できれば牛乳の入った容器に入れた状態でお持ちください。お子さまが脱臼すると、慌ててしまうと思いますが、すぐに処置すれば元に戻せるかもしれませんので、落ち着いて対応してください。

歯牙移植・歯牙再植で、重度のむし歯を治す

根管治療でも治療が困難な場合、意図的に歯を抜いてから再び移植する、歯牙再植をする場合があります。むし歯治療で歯牙再植をする場合は、抜歯後の汚れをキレイに取り、感染した根の病巣や細菌を除去してから再植します。こうすることで、根の病巣を確実に取り除くことができ、歯を残せる可能性が高まります。再植できない場合は親知らずなどを用いて、歯牙移植をして対応するケースもあります。

なるべく削ららない歯を残す治療はこちら

歯科衛生士が全力でサポート!

担当衛生士制

歯医者さんに行くと、毎回歯科衛生士が代わるので落ち着かない、という方はいませんか?当院では、担当制衛生士制を導入しているので、毎回同じ歯科衛生士が患者さまを担当し、ていねいな施術ときめ細かなアドバイスをいたします。

患者さまの歯の健康をお守りするには、担当衛生士との信頼関係が不可欠です。担当歯科衛生士は会話を通してコミュニケーションを取りながら、患者さまの現在の状況や生活背景などを汲み取って、今取り組める最善の処置やアドバイスをいたします。きめ細かなケアができるのも担当衛生士ならではのこと。患者さまの頼もしいパートナーとして歯の健康をお守りします。

モチベーションアップのお手伝い

担当衛生士制歯の健康には毎日の歯みがきが不可欠です。ご自身の努力が大切ですが、時にはモチベーションが下がって歯みがきを怠ってしまうこともあるかもしれません。それを支えるのが担当衛生士の役目です。お口の中を見て前回よりもよくなっている部分があれば、その努力をねぎらい、良好な状態を維持できるようにアドバイスをします。汚れの付着が多い部分があれば、鏡で見ていただいたり、歯ブラシの当て方などのワンポイントアドバイスをいたします。大切なことは、患者さまが「歯をよくしたい」という意識を持ち続けること。担当衛生士のその時々に必要なアドバイスで、患者さまのモチベーションを高めるお手伝いをいたします。

マンツーマンでコミュニケーションを築く!

ストレスフリーを目指しています担当衛生士制
歯科衛生士は、お口の中に手を入れて検査やメインテナンスなどを行いますが、患者さまによってはストレスを感じる方もいらっしゃるでしょう。担当衛生士は、担当の患者さまがどのようなことを不快に感じるのかよく分かっているので、嫌がることを避けることができます。ストレスの少ない診療に取り組んでいますので、不安に思うことがありましたら遠慮せずにご相談ください。

カウンセリングで安全・安心・満足の治療を提供!

カウンセリングを重視した歯科診療

カウンセリングでもっとも多い質問は「痛み」の不安です。治療中の痛みが怖くて、なかなか歯医者さんに行けなかったという方もいらっしゃいます。少しでも不安があると治療に消極的になり、さらには治療後に不満が残ります。満足していただける治療を提供するには、カウンセリングで悩みを解消することが大切だと考えます。当院では、初めての患者さまにはいきなり治療を始めずに、最初にカウンセリングを受けていただきます。カウンセリングスタッフが患者さまのお話しをていねいに伺い、ていねいに説明しながら、不安や悩みを取り除いていきます。

専門知識を活かしたカウンセリング
カウンセリングスタッフの中には、デンタルコーディネーターの知識を持つスタッフが在籍しています。デンタルコーディネーターの役割は、ドクターと患者さまとをつなぐパイプ役。患者さまの主訴や気になる症状はもちろん、治療へのご要望などを伺ってドクターや歯科衛生士に伝え、不安や疑問にお答えしながら患者さまの不安を取り除いていきます。デンタルコーディネーターの知識は全員で共有しているので、すべてのスタッフが患者さまの立場に立ちながら、きめ細かなカウンセリングを行っています。カウンセリング時間をしっかり30分取り、話しやすい雰囲気の中で進めていきますので、気になることがありましたら何でもお話しください。

心配なことがありましたら、何でもお話しください

お子さまと一緒に通院できるように配慮しますカウンセリングを重視した歯科診療
「子どもが小さいので連れて行くことができない」
「小児専門のドクターに診て欲しい」
等々、人によってはストレートにお話しできない方もいらっしゃいます。なるべく患者さまのご要望にお応えできるように、ゆったりとした個室や小児歯科の得意なドクターなど、万全の受け入れ態勢を整えています。お話しいただければ、ご要望に合わせたご提案をさせていただきます。どのようなことでも結構ですので、遠慮せずにお話しください。

相性の合う歯医者さんが見つからない...
相性の合う歯科医院を見つけるのはなかなか大変です。人によっては何軒も変えている方もいらっしゃいます。当院では、そうした方を大切に考えています。相性が合わないのは何か理由があるからです。痛みへの配慮不足なのか、コミュニケーション不足なのか、あるいは別の問題なのかもしれません。患者さましかわからないことですが、お話しを伺いながら原因を明らかにしていきます。患者さまに不快な思いをさせない治療を心がけていますので、末永く通院していただきたいと考えています。

治療前の検査でお口の健康状態をチェック!

お口の健康手帳全体治療を希望している患者さまには、治療を始める前にお口全体の状態を把握する目的で検査を行っています。レントゲン撮影やむし歯・歯周病などの検査をし、スタッフがその日のうちに検査結果を説明します。検査データを歯科診断ソフトのデンタルXで集計し、それをお見せしながら説明します。お帰りの際はプリントアウトしたファイルをお渡ししますので、「お口の健康手帳」としてお持ち帰りいただけます。

お口の健康手帳
デンタルXを使ってわかりやすくまとめたお口の診断書ファイルです。ファイルには、むし歯や詰め物、差し歯、被せ物などの状態を図で表した「むし歯診断書」や、歯ぐきの状態を図と数値で示した「歯周診断書」など、お口の健康状態を図や数値で示しています。検査のたびにお渡ししますので、お口の健康管理にお役立てください。

日々、向上に励む

日々、向上に励む

歯科医療は日々進歩しています。当院は、医療人としてのプロ意識を持ち、歯科医師や歯科衛生士を始めとするすべてのスタッフが一丸となって、歯科知識と技術の向上に日々励んでいます。

一人ひとりのスタッフはチャレンジ精神を持ち、担当ごとにプロジェクトを組んで、様々なことに取り組んでいます。それぞれに得た知識や情報は、毎月一回全員が集まって開催するミーティングで発表。患者さまの情報もこの席で共有するので、医院として統一した対応が取れます。また、毎朝朝礼時には「当院の理念」を唱和したり、周知事項などがあればその都度発表をしてスタッフの意識を統一しています。一人ひとりが向上心を持ち、アクションを起こすことで、より安全で高度な歯科治療の提供が実現できます。

当院の取り組み

プロジェクトごとに知識を深める当院の取り組み
一人ひとりのスタッフには職務に応じた役割分担があり、プロジェクトごとにミーティングや勉強会を行っています。例えば、新しい歯科材料や被せ物の情報を入手すると、材料を扱っている業者を招いて勉強会を開いて材料の特徴や効果、治療に取り入れるメリットなどを学びます。スタッフ間で情報共有し、患者さまにとってメリットのある材料だと判断したものは、院長に導入を提案します。こうして検討した材料を導入して、治療に取り入れています。

一人ひとりのスタッフが独自に勉強
歯科衛生士の中には、ホワイトニングコーディネーターの資格を取得したスタッフもいます。患者さまからホワイトニングの相談や質問を受けると、専門知識を活かした適切なアドバイスを行っています。また、カウンセリングスタッフの中には、デンタルコーディネーターの知識を持つスタッフもいます。専門知識を持つスタッフが他のスタッフに情報提供することで、全員のレベルが一定して質の高い歯科医療が提供できるようになります。

症例検討会を実施
歯科衛生士は、新患の患者さまが来ると症例検討会を行って、全員で患者さまの情報を共有します。患者さまのお口の状態や、これまで受けてきた治療の経過、不安に感じていることなどを伝え、今後どのような対応をすればよいのかを衛生士同士で話し合います。ドクターや歯科助手など、全員に伝えておいた方がいい内容は、朝礼の場で発表して全員で共有します。

なるべく削らない歯を残す治療

なるべく削らない歯を残す治療

むし歯の治療をすると、歯を削った部分からむし歯になりやすく、再治療のたびに削る量が増えていきます。削る量をなるべく抑えることが、歯を長持ちさせることにつながります。当院では、コンポジットレジンや根管治療、歯牙再植による「なるべく削らない歯を残す治療」に取り組んでいます。

なるべく削らないコンポジットレジン治療

コンポジットレジン小さなむし歯は削る量を最小限に抑えて、コンポジットレジンを使って治療をします。コンポジットレジンは歯科用の白いプラスチック樹脂で、特殊な光を照射すると固まる性質があります。これまでは、型取りをして詰め物を作っていましたが、コンポジットレジンを使うと、直接削った穴の中に詰めていくので型取りは不要です。歯とコンポジットレジンの間に隙間なく接着できるので、むし歯になりにくく、削った後も目立たないので美しく仕上がります。しかもその日のうちに治療が終わるので、治療期間の短縮につながります。

コンポジットレジンのメリット
●削る量を最小限に抑えられる
削った部分に直接コンポジットレジンを詰めるので、削る量を最小現に抑えることができます。しかも、隙間なく接着するので、むし歯になりにくくなります。

●1日で治療が終わる
型取りが不要で、むし歯を削った穴に直接コンポジットレジンを詰めていくので、1日で治療が終わります。しかも白いプラスチック樹脂なので治療跡が目立たず、白くて美しい歯に仕上がります。

●金属アレルギーの心配がありません
金属を一切使わないので、金属アレルギーのある方でも安心して使えます。

なるべく歯を残す治療

むし歯がひどくなり、根の先が細菌に感染して炎症を起こしたり、膿が溜まったりすると治療が難しくなります。残しておくと骨が溶かされて他の歯にも悪い影響を与えるため、多くの場合抜歯をするようになります。こうした悪化した歯でも、特別な治療を行うことで残せる可能性が高まります。当院では、根管治療や歯牙再植、歯牙移植による、なるべく歯を残す治療に取り組んでいます。

【根管治療】歯の寿命を引き延ばす治療根管治療
むし歯がひどくなって治療をしないでいると、神経の通っている管(根管)の内部まで感染が広がって炎症を起こします。そのままにしておくと根の先にも感染が広がり、炎症が起きたり、膿がたまって激しい腫れや痛みなどの症状が現れたりします。この段階になると治療は難しくなり、抜歯が必要になります。こうした重篤化した歯を保存する治療が根管治療です。

治療では、根の先の汚れ・細菌をていねいに取り除き、根管内を殺菌して薬で密封することで、歯の寿命を引き延ばします。しかし根管内部は暗く、根の先も複雑に分かれているため治療が困難で、少しでも細菌が残っていると成功率が下がります。特に唾液の中には削った時の細菌が混じっているため、患部に入ると再発リスクが高まります。そこで細菌の侵入を防ぐために、口腔内の唾液をしっかり吸引して、コントロールをしながら根管治療を行っています。処置中の二次的な細菌感染を防ぐことにより、成功率を高めています。

【歯牙再植】歯を残す治療の最後の砦
歯牙再植とは、意図的に歯を抜いて再び移植し直す処置です。病巣が大きかったり、治療をしても状態がよくならなかったりした場合、一旦歯を抜いて細菌に感染している部分や根管内の汚れを取り除く処置をしてから、30分以内に再移植します。抜歯した歯には歯根膜がついているので、再植後、きちんと密着してしっかり噛めるようになります。必ずしも成功するとは限りませんが、安定すれば抜歯を避けることができます。

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

歯医者さんが苦手になる原因の一つに、治療中の痛みがあります。むし歯ができても痛みが怖くて、ギリギリまでがまんした、という方もいらっしゃるようです。歯科治療はただでさえ緊張するのに、痛みの不安があると、ちょっとした刺激でも強い痛みを感じてしまいます。安心して治療を受けていただくために、当院では痛みの少ない治療に取り組んでいます。麻酔注射による痛みのコントロールや、麻酔の不快感を緩和する工夫、患者さまへの配慮など、痛みによるストレスの緩和に努めています。

当院の痛みの少ない治療の取り組み

痛みの少ない治療歯を削って痛みがありそうな時は、麻酔で痛みをコントロールします。麻酔がしっかり効けば、痛みによる不安は軽減できます。痛みを緩和する麻酔ですが、針を刺す時の痛みや薬を注入する時の違和感が伴うこともありますので、これらを緩和するために様々な工夫をしています。

【1】表面麻酔をしっかり効かせる
麻酔をかける前に表面麻酔をしっかり効かせます。表面麻酔は、麻酔注射をする前に使用する麻酔薬です。お口の中の粘膜に塗ると痺れてきて、針を刺した時の「チクっ」とした痛みが感じにくくなります。

【2】歯ぐきを圧迫して痛みを緩和する
麻酔針を刺す時に痛みがありますが、針の指し方や薬の馴染ませ方を工夫すると、「チクっ」とした痛みが感じにくくなります。針を打つ時は、歯肉の繊維に添って歯ぐきを引っ張りながら刺して圧迫すると、神経がその部分に集中して押されている感覚が強くなり、針を刺した時の痛みがわからなくなります。

【3】ゆっくりと少しずつ注入する
麻酔液を注入する時は、一度に入れずに少しずつゆっくりと注入していきます。薬を入れると、歯ぐきがぷくっと水ぶくれのように膨れるので、そこを指で優しく押すと、薬が骨に浸透して痛みを感じにくくなります。

メンタルケアで痛みのストレスを緩和する

メンタルケア長く通ってきている方は、麻酔が痛くないことをご存知ですが、初めての方は勝手がわからないので緊張しています。緊張を和らげるために、お声をかけたり様子を伺うようにしています。

麻酔を打つ時は、「少しチクッとしますけど、後は痛くありませんからね」と優しく声をかけています。声をかけることで患者さまは安心するようで、治療を終えた後、「痛くありませんでした」とスタッフにおっしゃる方もいらっしゃいます。麻酔中はスタッフも患者さまを見守っていますので、痛みや不安が強い時は、すぐにお知らせください。

地域に貢献するホスピタリティ診療

ホスピタリティ診療

当院のコンセプトは、「家族のような歯科医院」です。家族を治療する時と同じように、優しさと思いやりを持った診療を大切にしています。常に患者さまの立場で考えながら、ていねいなおもてなしでお迎えし、全スタッフが医療人としての自覚を持ちながら、地域の皆さまに貢献するホスピタリティ診療に努めています。

親子で通える歯医者さん

親子で通える歯医者さんカウンセリングで色々とお話しをしていくと、「子どもがまだ小さいので、一人で来ました」とおっしゃる方がいらっしゃいます。小さなお子さまは行動が活発なので、周りの患者さまへの遠慮から、一人で来られるようです。当院は、お子さまと一緒に通院できる歯医者さんです。お子さま専用のプレイルーム(キッズルーム)や個室の診察室、おむつ替え用のベッドなど、万全の受け入れ態勢を整えていますので、ご心配いただかなくても大丈夫です。お子さまと一緒に気持ちよく治療を受けていただけるように、スタッフ全員で配慮しながら見守っていますので、遠慮せずにご来院ください。

お子さまと一緒に入れる個室の診察室
患者さまのプライバシーを配慮して、診察室は全室個室です。広めの診察室もご用意していますので、ベビーカーでそのままお入りいただくこともできます(事前にお知らせください)。お母さまが治療をしている時も、おもちゃで遊んだり、アニメのDVDをご覧いただくこともできるので、目が放せないお子さまがいる方には好評です。もちろんお母さまだけでなく、お子さまの治療にもお使いいただけます。

ご家族の治療中は、プレイルームで楽しく遊べますプレイルーム
一人でも大丈夫なお子さまはプレイルームをご利用いただけます。お子さま専用の空間で、おもちゃを使ったり、絵本を読んだり、アニメのDVDを観たりなど、自由に伸び伸びと遊べます。お子さまが一人でもスタッフが見守っていますので、ご安心ください。

おむつ替えのベビーベッドを設置していますベビーベッド
赤ちゃんを連れて来ると、おむつ替えが心配になります。トイレにおむつ替え用のベビーベッドを設置していますので、ご自由にお使いください。スリッパは大人用とお子さま用の2種類をご用意しています。親子で入れますので、トイレ訓練中のお子さまでも安心です。

地域一番の歯医者さんを目指しています

地域一番の歯医者さんを目指しています当院は地域一番の歯医者さんであるために、ホスピタリティある真心のこもった診療を心がけています。院内の清掃から始まり、患者さまの迎え方や接し方、対応の仕方に至るまで、一人ひとりのスタッフが医療人としての高い志と意欲を持ちながら、業務にあたっています。

徹底した院内感染対策
歯科治療と院内感染の問題は切っても切れない関係です。感染対策の取り組みが、患者さまに安心感を与えます。滅菌器は世界基準のクラスBオートクレーブやクラスN滅菌器を導入。治療で使用した器具や歯を削る機械類に至るまで殺菌します。専任の滅菌スタッフを配置して、責任を持って処理します。患者さま一人ひとりに滅菌処理を行い、衛生的な歯科医療の提供に努めています。

クリーンで快適な院内環境
クリーンで快適な院内づくりは洗面所清掃から始まります。トイレは時間を決めて定期的に清掃しており、常に清潔な状態でお使いいただけます。スタッフの目は厳しく、常に院内をチェックしていますので、ゴミが落ちていたり汚れが目についたりした際はすぐにキレイにします。整理整頓の行き届いたクリーンな院内で治療前の緊張を和らげ、快適な歯科医療を提供します。

●ラテックスアレルギーの方へ
医療用手袋などの天然ゴム成分に接触することによってアレルギー反応を起こすラテックスアレルギーの方にも、安心して通っていただけるよう工夫をしております。どうぞご安心ください。

当院の理念

当院の理念

自分や友人家族が通える歯科医院にしよう。
とにかく、自分がされて嫌なことは患者さまにしない。
自分がされて良いことを患者さまにする。

~これが当院で働いていく根本的な考え方です~

当院は、患者さまを最優先に考えた歯科診療に取り組む歯科医院です。「当院の理念」を達成させるための7つのポリシーを掲げ、一人ひとりのスタッフが、それに基づいた診療に努めています。予防を重視した「なるべく抜かない、削らない」治療を基本にし、患者さまの立場に立ったホスピタリティ診療を心がけ、地域に貢献できる歯科医院を目指しています。

理念を達成させるための7つのポリシー

1.すべてにおいて患者さまのことを最優先に考え、医療人として適切な精神、行動を心がけ、最高の医療サービスの提供に努めます。
2.なるべく抜かない、削らない、予防中心の歯科医療を目指し、定期検診の大切さを患者さまにお伝えします。
3.より安全で高度な歯科治療を目指します。プロ意識を持って歯科知識と技術の習得に努め、高い滅菌消毒レベルを維持して院内感染から守ります。
4.医院を清潔に保ちます。空いている時間に掃除をし、整理整頓をして効率のいい仕事環境を作ります。
5.患者さまをお待たせしないように時間を大切にします。どうしたら待ち時間が少なくなるのかをいつも考えながら行動します。
6.人に対して優しい気持ちを持ち、与えてもらう前に人に与えることができるスタッフになります。
7.正しく心のこもった返事や美しい言葉、清潔な身だしなみを心がけます。

初めての方へ

初めての方へ当院は、一般歯科診療から予防歯科、矯正歯科、入れ歯、インプラントまで、お口全体を考えた治療を行っています。患者さまにご満足していただける歯科治療をご提供するために、お痛みが無い場合、基本的に初診日には治療を行いません。カウンセリングと検査を行い、主訴やお口全体の状態、ご要望などを確認します。患者さまが必要としている治療を行うためには、カウンセリングと検査は欠かせませんので、ご了承願います。

お子さま連れの方へ
小さなお子さまがいらっしゃる方は、一緒に歯医者さんに行くのが大変なようです。当院ではゆったりとした個室の診察室をご用意していますので、お子さまと一緒に安心して治療できます。また、小児歯科を得意とするドクターもいますので、歯医者さん嫌いのお子さまでも、嫌がらずに治療を受けられます。すべての患者さまに安心して治療を受けていただきたいと考えておりますので、カウンセリングの時にお話しいただければ配慮いたします。遠慮せずにお話しください。

当院の予約システムについて

当院の予約システム患者さまをお待たせしないために、毎回、次回に行う治療内容を明確にしています。ご予約日当日は、治療の準備をしてお待ちしています。ご事情があってご予約をキャンセルする場合は、前日までにご連絡ください。また、当日に急用ができたり、体調を崩されてキャンセルする場合は、なるべくお早めにご連絡くださるようにお願いします。ご予約時間から10分以上経ってもご来院がない場合は、スタッフが確認のお電話をさしあげます。なお、ご連絡のないキャンセルが続く場合は、以後の事前予約をご遠慮いただく場合がございます。ご了承ください。

患者さまのご協力が待ち時間の短縮につながり、ゆとりをもった治療ができるようになりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

当院の治療の流れ

Step1.カウンセリング当院の治療の流れ
カウンセリングスタッフが、患者さまのお話をお伺いします。主訴の確認と現在のお口に関する悩み、これまでに受けてきた治療や、治療についての不安、ご質問、ご要望などをていねいにお聞きします。

次へ
Step2.検査当院の治療の流れ
お口の中を詳しく検査します。レントゲン撮影やむし歯・歯周病の検査などを行い、デンタルXで分析したデータをお見せしながら、お口の健康状態を説明します。出力したデータは、お口の健康手帳として患者さまにお渡ししています。

次へ
Step3.診断当院の治療の流れ
検査結果をもとに診断し、治療計画をご提案します。

次へ
Step4.治療当院の治療の流れ
治療計画をもとに、治療を始めます。

次へ
Step5.メインテナンス当院の治療の流れ
治療後の安定した状態を維持するために、定期的なメインテナンスを実施しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております