博愛会ドクターブログ

 

医療法人社団博愛会ドクターブログ

札幌市豊平区の歯医者、アイビー歯科クリニックと平岸駅前こまち歯科のドクターによるブログです

親知らずの抜歯について

こんにちは、2022年8月1日よりアイビー歯科クリニック院長に就任いたしました、常勤ドクターの船戸です。これまで以上に知識・技術の習得に努め、これまで通り患者様一人一人に丁寧な説明をし、丁寧な治療を提供していきます。皆様これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さて本題に入りますが、僕が思う医療法人社団博愛会の一番の強み、それは「受けられる診療の幅広さ」ではないかと思います。中でも口腔外科に関しては、日本口腔外科学会専門医の歯科医師による専門外来の診療をおこなっているため、専門性の高い外科処置を大学病院などに行くことなく受けていただくことができ、患者様にも大変ご満足いただいております。

 

診療内容は主に以下の4つです。

 

①親知らずの抜歯

②歯根端切除術

③歯牙再植・移植

④口腔粘膜疾患

 

今回は、中でも症例の多い親知らずの抜歯についてご紹介致します。残り3つの詳細については当法人のHPをご覧ください。(https://www.aiby-dc.com/oral_surgery/)

 

親知らずとは、左右それぞれの前歯から数えて8本目の歯を指します。上下左右4本ある人もいれば生まれつき1本も無い人もいて、しっかり生えている人もいれば歯茎や骨の中に完全に埋まっている人もいます。十人十色です。

「親知らずの抜歯が大変だった…」なんて話を知人から聞いたことある人もいるかと思います。恐らくそれは、ほとんど生えていない所謂『半埋伏』していたり、全く生えていない所謂『完全埋伏』している親知らずを抜いた方の感想なのかな、と思います。

 

 

『半埋伏歯』『完全埋伏歯』の場合、「絶対歯ブラシは届かないけどお口の中の細菌は容易に入り込める」領域が存在します。そのような親知らずのほぼ全例で、細菌が病巣を作り慢性的に炎症を起こしています。体調が優れないときや生活習慣が乱れたとき、寝不足が続いたときに、強い痛みが出てしまったり、大きく腫れてしまうことがあるのはこのせいです。実際に親知らずの痛みで受診された方に話を伺うと「仕事が忙しくて…」「夜勤が続いてて…」「就活のストレスで…」という返答がとても多いです。

 

このような親知らずの場合、粘膜を切開し、骨を削り、歯を分割して抜歯、という手術になるため、多くの歯科医院では大学病院などの歯科口腔外科を紹介しますが、当院では日本口腔外科学会専門医の歯科医師が在籍しているため、専門性の高い抜歯にも対応しております。主な抜歯の流れは以下の通りです。

 

1. 常勤ドクターによる口腔内診査

まずは常勤ドクターが親知らずの状態について調べます。「親知らず=粘膜切開!骨削!分割抜歯!」ではございません。安全に容易に抜歯できる歯もありますし、そもそも抜歯しなくても良い状態の歯もあります。状態をしっかり把握した上で必要であれば専門医を紹介する流れになります。

 

2. CT撮影

専門医に抜歯を依頼する場合、必ずCTを撮影させていただいております。専門性の高い抜歯では多くの場合、下歯槽神経という大きな神経が親知らずの根の先を通過しています。CTを撮影し、お口の中での位置関係を詳しく把握することにより、神経の損傷を予防することができます。

 

3. 手術日時の予約

ここで改めて抜歯当日のご予約をお取りします。また、当日の注意事項をご説明致します。

 

4. 抜歯

手術に使用する器具を滅菌したりなど万全の準備でお待ちしております。体調を整えてお越しください。

 

親知らずを抜くメリット、デメリットに関しては、お口の状況によって様々ですので、少しでも親知らずの抜歯をお考えの方はお気軽にご相談ください。

※親知らずの状態によっては、大学病院などにご紹介させていただく場合もございますので、ご了承ください。


初めまして、柴田と申します。

初めまして。2022年4月に入社しました、歯科医師の柴田です。現在はアイビー歯科と栄町駅前こはく歯科にて勤務しております。よろしくお願いいたします。

 

札幌生まれですが、親の転勤で道内や関東を転々としていました。高校入学時にまた札幌に戻り、その後、北海道大学歯学部を経て、北大病院で研修をしました。

 

ペンギンが好きで、水族館巡りが旅行先での楽しみです。この頃は行けていませんが…

写真は長崎ペンギン水族館で撮影しました。立派な背中ですね

 

私自身、子供の頃は虫歯が多く歯医者は苦手でした。親に怒られたくなくて、渋々通っていた記憶があります。

患者さんが少しでも楽に治療を受けられるよう、一人一人に向きあい、丁寧な診療を心掛けていきたいと思います。

これからよろしくお願いいたします。

 

 

 


初めまして、丸山と申します。

はじめまして。
本年2月より勤務しております、丸山です。
出身地は長野県安曇野で、地元の高校を卒業後、明海大学歯学部に進学しました。
母校で研修を修了した後、札幌医科大学附属病院歯科口腔外科に入局し、口腔外科一般や病院歯科としての診療に従事しました。
退局後、札幌市内の医療法人で分院長を経て、その後東京都と神奈川県の医院で勤務した後、札幌に戻りアイビー歯科クリニックに入職いたしました。
いくつもの医院で得た経験やスキルを活かし、エビデンスに基づいてひとりひとりのニーズに合った治療を提供したいと思います。
よろしくお願いいたします。

 


定期検診では何をするの?

 
Q1.定期検診では何をするの?
 
主に虫歯・歯周病のチェックや、歯肉のケアをメインとした、お口全体のケアを行います。歯のチェックはもちろんですが、舌や頬の内側など、お口の粘膜も異常がないか確認します。
また、レントゲン写真を撮ることで、埋まっている親知らずや、顎関節なども見ることが出来ます。
 
 
Q2.歯が痛くなってから行くのはだめなの?
 
歯が痛くなってからだと、治療期間・回数・また費用も増える傾向にあるのでオススメしません。
例えば、小さい虫歯をつめて治療した場合、1・2回で完結し、費用も保険診療だと数千円です。しかし、歯が痛くなる場合の多くは、神経を取らなくてはならない、あるいは歯を抜いてそこに何か入れる必要がある、という場合が多いです。そうなってしまうと、少なくとも3回、長くかかると数ヶ月に治療が及ぶことがあります。費用も数千円ではおさまりません。
また、一度治療をした歯は、再治療が必要になることが多いのも事実です。それを加味すると、治療を繰り返す費用よりも、定期検診でかかる費用の方が、結果的に少ないのでは、と考えられます。
 
 
Q3.歯磨き指導はしてもらった方が良い?
 
ほとんどの方が必要だと考えます。磨くのが上手な方でも、苦手な箇所はありますし、自分ではなかなかケアできない箇所がある場合もあります。
歯磨き指導は、歯肉の状態だけではなく、その方の性格や生活環境など様々なことを考えて行なっておりますので、基本的な考え方は一緒でも、一人一人に行う指導は異なってきます。
また、使用する道具も大切になってきます。歯ブラシだけでなく、デンタルフロス、歯間ブラシなどが必要な場合も多いです。歯科検診の際に今お使いのものを持ってきて頂いてもいいですし、おすすめのツールをご案内することも可能ですので、ぜひお問い合わせ下さい。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
歯の健康は心臓病・糖尿病など全身疾患と関わりがあります(詳しくは2019年10月のブログ『慢性炎症である歯周病の全身への影響』をご覧下さい)ので、気になることがない方、しばらく歯科に行ってないという方も是非歯科検診にいらして下さい!
 
 
 
 

ラバーダム防湿について

木曜日の小児歯科担当の竹渕です。当院の小児歯科の治療では基本的にラバーダム防湿(ゴムのマスクと呼んでいます)を使用しています。使用目的には以下のような理由があります。

 

 

・治療する歯を唾液から守る・・・細菌をたくさん含んだ唾液が、治療している歯に触れるのを防ぎます。お子さんは特にお口が小さく、唾液が多いので、脱脂綿を使った乾燥状態の維持が困難です。また、乾燥状態を保てるので、歯と詰め物の良好な接着が得られます。

 

・頬や舌の損傷から守る・・・歯の治療では、頬や舌のすぐ近くで30万回転/分以上の高速回転器具を使用します。削る歯と、粘膜がラバーダムで仕切られていることにより、粘膜を傷つけてしまうリスクが減少します。

 

・お口の中に薬剤や器具が落下することを防ぐ・・・歯科治療では、多くの薬剤や鋭利な器具、細かい器具を使用します。それらがお口の中に落下してしまうと、化学的・物理的に粘膜を傷つけてしまったり、誤飲させてしまう危険性があります。ラバーダムを行うことにより、これらのリスクも大幅に軽減できます。

 

・治療時間が短縮される・・・例えば詰め物をするとき、唾液を乾燥させる→筒状の脱脂綿を挟む→また乾燥、のような手順が減るため、ラバーダム装着の手間を考えてもトータルの治療時間を減らすことができます。

 

これらの理由から、特に小児歯科の治療においてラバーダム防湿は必須とされています。器具を装着する歯の圧迫感や、鼻呼吸が必要など多少のデメリットもありますが、安全性や治療成績を考慮すると必要不可欠だと考えております。

 

もう一点。私事で恐縮ですが、この度、技能公募の予備自衛官補に志願、採用され、先日辞令交付式に参加して参りました。予備自衛官補は、所定の教育訓練を終えると予備自衛官に採用され、有事の際に招集され任務に当たります。私は歯科医師免許を持っているということで衛生(甲)という区分で採用され、主に大規模災害時の活躍が期待されています。これまで、歯科医療を通じて地域の皆様の健康増進のお役に立てるよう努力して参りました。一方で、胆振東部地震を経験して、災害時に自分にできることは本当に限られていると痛感いたしました。自衛隊の活動を通じて、さらに広く社会に貢献したいと思っております。訓練に際し、当院での診療を休ませていただく場合があるかと思いますが、どうかご理解ください。