「犬歯誘導」について-札幌市豊平区平岸の歯医者・歯科|平岸駅前こまち歯科|アイビー歯科クリニック

 

医療法人社団博愛会ドクターブログ

札幌市豊平区の歯医者、アイビー歯科クリニックと平岸駅前こまち歯科のドクターによるブログです

「犬歯誘導」について

 明けましておめでとうございます。平岸駅前こまち歯科院長の西尾です。今年も宜しくお願い申し上げます。

 今回は「犬歯誘導」について説明させていただきます。ほぼ100%の方が聞いたことない単語だと思いますが、実は歯科治療を行うにあたってとても重要な単語です。この単語について簡単に説明すると、下顎を動かした時に(歯軋りなど)犬歯(糸切り歯)が発射台みたいな役割を行い犬歯以外の歯牙が当たらないような嚙み合わせのことです。

https://www.doctor-map.info/useful/glossary/dental/1291601/

 人間の歯牙にはそれぞれ役割があります。臼歯部(奥歯)は食べ物をすり潰す役割を担っています。それ故、垂直的な力に対しては強い抵抗力を持ちますが、前後左右に揺さぶられる力には弱いです。犬歯は全歯牙の中で、一番歯根が長いです。歯根が長いので、側方力に対して強い抵抗力を持ちます。前歯部も犬歯に似た特徴を持ちますが、犬歯程歯根が長くないので、下顎の前方運動時のみ発射台の役割をするのが理想です。

 このように各歯牙にはそれぞれ役割がありますが、歯列不正、虫歯、咬耗(歯のすり減り)などが原因で、犬歯誘導が失われることが多々あります。犬歯誘導が失われると、過度な負担が歯牙にかかり、歯に小さなひびが入りむし歯になったり、歯根が割れ抜歯になったりします。

犬歯誘導を新たに付与する為には、矯正治療や補綴治療(歯の被せ物)が必要になってきます。また、夜間の意図しない力から歯牙を守る為にナイトガード治療も有効です。

 

今回は少し難しい内容となってしまいました。歯科治療において重要な事は、1本単位で治療を行うのではなく、なぜこのような事になってしまったのかを考え、全顎的に治療を考えていくことがとても重要です。そうしなければ、全ての治療が対症療法となり、長持ちしない治療になってしまいます。

当法人は総合歯科です。様々な分野の専門医、認定医が所属しています。より高度で安全な治療計画を提案することが可能となっています。「歯ブラシ頑張っているのにむし歯減らない」「歯周病がなかなか治らない」などのお悩みがありましたら、ご連絡ください。


インプラント治療

こんにちは、理事長の今井です。

医療法人社団博愛会では、月に1回、診療が終わった後にドクターの勉強会をおこなっています。

今回は7名のドクターが参加して、インプラントの実習をしました。みんな真剣に取り組んでいます。

インプラント治療は当法人でも最近需要が高まっており、月に3〜6回ほど手術を行っています。安心、安全に診断してインプラント治療ができるように当法人のドクターは、模型や参考図書で、何回も、何時間も勉強してから実際に患者さんに治療することができるようになります。

 

  

 

 

 

年々手技や、材料、使用器具が進歩してきて、今まで難しかった症例もインプラント治療が可能になり適応が広がってまいりました。その度に自分の知識をアップデートしていかなくてはなりません。私も若い先生を見習って、そんな歯科医療の進歩においていかれないようにこれからも頑張っていきたいと思います。

 

  

 

  

 

次回のドクター勉強会のテーマは何でしょうか?

矯正や口腔外科、審美治療や根菅治療、小児歯科や義歯治療などなど、テーマは無限にあります。

最近はオンラインでのセミナーも増えており、個人的に受講した先生は内容をまとめて勉強会で発表して共有してくれます。

また、来月も楽しみです。私も専門書や論文を読んだりして何か興味がありそうな内容を検索していきたいと思います。

 


EBMに基づく歯科治療とは

こんにちは、2022年4月より栄町駅前こはく歯科院長に就任いたしました、常勤ドクターの西潟です。地域の患者様に愛される歯科医院を目指して、日々研鑽を積んでいきたい所存です。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、本題に入りますが、昨今の医療はEBM(Evidence based medicine)、根拠を基に診断や治療を進めていくことが主流となっています。その根拠として扱われることが最も多いものの一つが、ガイドラインというものです。これは様々な学会がデータを収集して、現在の医療として最も適切だと考えられることを要約した読み物です。歯科治療に関するガイドラインも複数、作成されており、今回は日常の歯科治療にまつわるものをトピックとしていくつか紹介させていただこうと思います。

 

 

1. 血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方

例えば、不整脈や弁膜症による心臓病や脳梗塞の治療薬として、このようなお薬を内服されている方がいらっしゃいます。歯科治療を進める上で心配なのが、抜歯が必要と判断された場合です。多くの場合は、そのようなお薬を処方してくれている内科等の先生に紹介状などのお手紙を準備させてもらった上で、ガイドラインに則って抜歯の段取りを進めていく形になることが多いです。

抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン 2020年版より

 

 

2. 骨粗鬆症や自己免疫疾患のお薬を飲んでいる方

骨粗鬆症と診断された方は骨を強くするためにビスホスホネート製剤と呼ばれる種類のお薬を内服することがあります。また、自己免疫疾患と診断された方はステロイドと呼ばれるお薬と一緒にビスホスホネート製剤を内服することがあります。このお薬を飲まれている方は、抜歯などの歯科治療の後、傷口の治りが悪いことがあります。整形外科や内科の先生と手紙などでやり取りさせてもらった上で、歯科治療を進めていくことが多いです。リスクが高い抜歯などの場合は、紹介させていただくこともあります。

ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対するポジションペーパー(改訂追補 2012 年版)より

 

 

3. 非歯原性歯痛とは

歯痛の症状があるにも関わらず、歯が痛みの原因ではなく、歯痛と感じられる痛みを引き起こす病気が複数存在することが明らかになってきました。この痛みは歯痛全体の10%弱を占めると推定されており、年間68万本の歯が不要な歯科治療をされているかもしれないという報告があります。例えば、頭痛、蓄膿症、三叉神経痛、帯状疱疹などが原因として挙げられます。当院では、歯の神経の状態を診断する歯髄診断器や、歯科領域をメインとしたCT等、原因を診断する設備が揃っていますので、十分対応可能ですが、高度な歯科治療が必要と判断された場合や歯科以外の範疇が考えられる場合には、紹介させていただくこともあります。


親知らずの抜歯について

こんにちは、2022年8月1日よりアイビー歯科クリニック院長に就任いたしました、常勤ドクターの船戸です。これまで以上に知識・技術の習得に努め、これまで通り患者様一人一人に丁寧な説明をし、丁寧な治療を提供していきます。皆様これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さて本題に入りますが、僕が思う医療法人社団博愛会の一番の強み、それは「受けられる診療の幅広さ」ではないかと思います。中でも口腔外科に関しては、日本口腔外科学会専門医の歯科医師による専門外来の診療をおこなっているため、専門性の高い外科処置を大学病院などに行くことなく受けていただくことができ、患者様にも大変ご満足いただいております。

 

診療内容は主に以下の4つです。

 

①親知らずの抜歯

②歯根端切除術

③歯牙再植・移植

④口腔粘膜疾患

 

今回は、中でも症例の多い親知らずの抜歯についてご紹介致します。残り3つの詳細については当法人のHPをご覧ください。(https://www.aiby-dc.com/oral_surgery/)

 

親知らずとは、左右それぞれの前歯から数えて8本目の歯を指します。上下左右4本ある人もいれば生まれつき1本も無い人もいて、しっかり生えている人もいれば歯茎や骨の中に完全に埋まっている人もいます。十人十色です。

「親知らずの抜歯が大変だった…」なんて話を知人から聞いたことある人もいるかと思います。恐らくそれは、ほとんど生えていない所謂『半埋伏』していたり、全く生えていない所謂『完全埋伏』している親知らずを抜いた方の感想なのかな、と思います。

 

 

『半埋伏歯』『完全埋伏歯』の場合、「絶対歯ブラシは届かないけどお口の中の細菌は容易に入り込める」領域が存在します。そのような親知らずのほぼ全例で、細菌が病巣を作り慢性的に炎症を起こしています。体調が優れないときや生活習慣が乱れたとき、寝不足が続いたときに、強い痛みが出てしまったり、大きく腫れてしまうことがあるのはこのせいです。実際に親知らずの痛みで受診された方に話を伺うと「仕事が忙しくて…」「夜勤が続いてて…」「就活のストレスで…」という返答がとても多いです。

 

このような親知らずの場合、粘膜を切開し、骨を削り、歯を分割して抜歯、という手術になるため、多くの歯科医院では大学病院などの歯科口腔外科を紹介しますが、当院では日本口腔外科学会専門医の歯科医師が在籍しているため、専門性の高い抜歯にも対応しております。主な抜歯の流れは以下の通りです。

 

1. 常勤ドクターによる口腔内診査

まずは常勤ドクターが親知らずの状態について調べます。「親知らず=粘膜切開!骨削!分割抜歯!」ではございません。安全に容易に抜歯できる歯もありますし、そもそも抜歯しなくても良い状態の歯もあります。状態をしっかり把握した上で必要であれば専門医を紹介する流れになります。

 

2. CT撮影

専門医に抜歯を依頼する場合、必ずCTを撮影させていただいております。専門性の高い抜歯では多くの場合、下歯槽神経という大きな神経が親知らずの根の先を通過しています。CTを撮影し、お口の中での位置関係を詳しく把握することにより、神経の損傷を予防することができます。

 

3. 手術日時の予約

ここで改めて抜歯当日のご予約をお取りします。また、当日の注意事項をご説明致します。

 

4. 抜歯

手術に使用する器具を滅菌したりなど万全の準備でお待ちしております。体調を整えてお越しください。

 

親知らずを抜くメリット、デメリットに関しては、お口の状況によって様々ですので、少しでも親知らずの抜歯をお考えの方はお気軽にご相談ください。

※親知らずの状態によっては、大学病院などにご紹介させていただく場合もございますので、ご了承ください。


初めまして、柴田と申します。

初めまして。2022年4月に入社しました、歯科医師の柴田です。現在はアイビー歯科と栄町駅前こはく歯科にて勤務しております。よろしくお願いいたします。

 

札幌生まれですが、親の転勤で道内や関東を転々としていました。高校入学時にまた札幌に戻り、その後、北海道大学歯学部を経て、北大病院で研修をしました。

 

ペンギンが好きで、水族館巡りが旅行先での楽しみです。この頃は行けていませんが…

写真は長崎ペンギン水族館で撮影しました。立派な背中ですね

 

私自身、子供の頃は虫歯が多く歯医者は苦手でした。親に怒られたくなくて、渋々通っていた記憶があります。

患者さんが少しでも楽に治療を受けられるよう、一人一人に向きあい、丁寧な診療を心掛けていきたいと思います。

これからよろしくお願いいたします。