コンポジットレジンについて

 

医療法人社団博愛会ドクターブログ

札幌市豊平区の歯医者、アイビー歯科クリニックと平岸駅前こまち歯科のドクターによるブログです

コンポジットレジンについて

こんにちは。平岸駅前こまち歯科院長の西尾と申します。

今回は、虫歯治療の際に使う材料「コンポジットレジン(以下CR)」について説明します。

直訳すると、「Composite」=「合成」 「Resin」=「樹脂」→「合成樹脂」

となります。簡単に言うと、プラスチックとガラスの混合材料です。

CRの大きな特徴としては、強い光を当てるまでは柔らかいので、小さな隙間に流し込むことができます。従って、虫歯治療の際に削る範囲を必要最低限にすることができます。そして、1回の治療で治すことが可能です。

最近の材料の進化は素晴らしく、最近まで歯牙の色に合わせて様々な色のCRを準備する必要がありましたが、各社(ほとんど日本メーカー)から1色で日本人の様々な歯牙に対応する製品が発売されています。物性も素晴らしく、CR分野では日本は世界一と言われています。

 

 

では、CRが一番良いのか?と聞かれると、「No」です!

というのも、あくまでも混合材料なので、強度は金属やセラミック材料に比べると劣ります。また、歯の汚れであるプラークの付きやすさもセラミックに劣ります。

よく使われる説明として

「CRは最高級のプラスチックのお皿」

「セラミックは窯元が作るセラミックのお皿」

があります。とても的確に表現されています。

セラミックにも以下のようなデメリットがあります。

・厚みを確保するために削る量が多くなる(CRと比較して)

・型取りが必要になり1日で終わらない(セレック治療は1日で終わる)

などがあります。

以上、簡単に説明しましたが、それぞれの治療法にメリットデメリットがあります。

当法人では虫歯治療の前に「被せ物になるかもしれないし、詰め物で治せるかもしれない」と説明することが多々あります。それは、削ってみないと虫歯の範囲が分からず、虫歯を取り切った状態での主治医による判断になるからです。

当法人では定期的にドクターミーティングなどを行い常に知識のアップデートをしています。患者様にとって最良の結果になるように努めています。何か、分からないことなどありましたら、お気軽にご相談下さい。

関連する記事

  • 初めまして、丸山と申します。2022年5月27日 初めまして、丸山と申します。 はじめまして。 本年2月より勤務しております、丸山です。 出身地は長野県安曇野で、地元の高校を卒業後、明海大学歯学部に進学し […]
  • インビザライン(マウスピース矯正)について2022年1月17日 インビザライン(マウスピース矯正)について こんにちは、理事長の今井です。皆様いかがお過ごしでしょうか?当法人は2021年も新型コロナウイルスに翻弄された1年間でした。それ […]
  • ダイアグノデント2019年12月14日 ダイアグノデント こんにちは。歯科医師の西尾です。 今回は、当院で取り入れている「ダイアグノデントペン」という装置について紹介します。 この装 […]