歯内療法の「三種の神器」について

 

医療法人社団博愛会ドクターブログ

札幌市豊平区の歯医者、アイビー歯科クリニックと平岸駅前こまち歯科のドクターによるブログです

歯内療法の「三種の神器」について

こんにちは。常勤ドクターの船戸です。

根の治療、僕らの業界では「歯内療法」と言いますが、この分野には三種の神器と呼ばれる機器があります。今回はそれらを紹介していきます。

 

1. 歯科用CBCT(コーンビームCT)

CTは病院にもある機器なので、聞いたことある方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。歯科用CBCTとは、歯科に特化した、歯科治療のためのCTです。医科用CTとの大きな違いは、①高精細である。②被曝量が少ない。という点です。高精細なので「根が曲がっているかどうか」「見つかっていない根がないかどうか」など歯の細かい構造を見ることができ、より正確な治療をすることが可能です。当法人でも導入しており歯内療法だけでなく、インプラント治療や難しい親知らずの抜歯を安全に行う上でもかなり貢献している機器です。

 

 

 

2. Ni-Tiロータリーファイル

歯内療法においてファイルとは、根の中を清掃するための切削器具のことです。下の写真左が一般的なファイルで、先端のねじねじした部分は刃になっており、ここで根の中の汚染されたところを取り除いていきます。一般的なファイルがステンレスで出来ているのに対し、Ni-Tiファイルは名前の通りニッケルとチタンで出来ており、ステンレスと比べて柔軟な物質であるのが特徴です。この柔軟さにより、根が曲がっている歯でも正確に治療を行うことができます。こちらの機器も当法人では既に導入しております。

 

 

 

3. マイクロスコープ

マイクロスコープは歯科治療用の顕微鏡のことです。その主な特徴は、①2倍、3倍から何十倍にまで拡大して見ることが出来る。②明るい照明が付いているため、奥歯でもはっきり見ることが出来る。③スコープで見ているものを写真や動画として記録することが出来る。というようにかなり高機能なものとなっております。明るい視野で大きい像で歯を見ることが出来るため、通常の根の治療だけでなく、根の中の異物を除去したり、歯根端切除術という根の先を切り取る手術に用いたりなど、様々な場面で活躍する機器となっています。

 

 

当法人ではこの度、YOSHIDA社の「ネクストビジョン」というマイクロスコープを導入することとなりました!

 

通院してくださる患者さんに寄与出来ればと、これからもこのような新しい機器を導入していきます。ただ本当に大事なのは、定期的に歯科検診にお越しいただき、虫歯や歯周病にならないこと、なったとしても早期発見、早期治療することです。お口の中を「歯内療法を必要としない状態」にしていきましょう。

 

アイビー歯科クリニック、平岸駅前こまち歯科でお待ちしております。

関連する記事

  • 味覚障害について2021年5月15日 味覚障害について 皆様こんにちは、医療法人社団博愛会、理事長の今井崇博です。 新型コロナウイルス感染症の患者さんが,嗅覚障害・味覚障害を訴え […]
  • 初めまして。2018年4月15日 初めまして。 2018年4月に入社しました、歯科医師の西尾優紀と申します。 歯科医療は日進月歩です。常に勉強し、患者さんに還元できるように努 […]
  • ミュータンス菌(虫歯菌)の母子感染2018年1月15日 ミュータンス菌(虫歯菌)の母子感染 こんにちは、最近自分の筋肉との会話が楽しくなってきた副院長の大岡です。 もちろん、愛する妻との会話がいちばんです。そんな夫婦に […]