医療法人社団博愛会ドクターブログ

 

医療法人社団博愛会ドクターブログ

札幌市豊平区の歯医者、アイビー歯科クリニックと平岸駅前こまち歯科のドクターによるブログです

仮歯のはなし

歯科治療では、削って型を取って次回以降でかぶせ物を装着するという流れがよくあります。

このとき削った歯に仮のカバー(シールと呼ばれます)をつけることもありますが、仮歯をつけることもあります。

この仮歯は何のために作っているのか、どんな効果があるのかを今回は書きたいと思います。

 

仮歯はテンポラリークラウン(テック)やプロビジョナルレストレーション(プロビ)と呼ばれ、

・見た目を改善する

・失われた歯の形態と機能を一時的に回復する

・隣や咬み合わせる相手の歯が動くのを防ぐ

・歯髄(歯の神経)を刺激から保護する

・歯肉の馴染みを改善する

・これから作るかぶせ物の仕上がり予測をする

・咬み合わせが適正かチェックする

・咬み合わせを作り直す

などの役割と目的があります。

 

同時に治療する歯が多くて1本単位ではすぐに型取りができないケースでは、何本かまとめて型取りをするまでの繋ぎのかぶせ物として仮歯を利用することもあります。

1歯単位の短期間で終わる治療では仮歯を用いないことも多いですが、ブリッジのような一度に複数から多数の歯を扱う場合や、歯周病治療のような長期的なスパンでの治療を行うとき、咬み合わせの再構築をするときは必要になる場面が多くなります。

 

仮歯を装着しておく期間には特に定めはなく、きちんと作られた仮歯は半年や1年経っても機能します。

とはいえ、仮歯の材料は保険治療で多く用いられるコンポジットレジンより強度や耐磨耗性に劣るものがほとんどのため、あまり長い期間同じ仮歯のままだとひび割れたりすり減りすぎて不具合が生じます。

 

一口に仮歯と言っても、目的や性質によって使い分けられ、その形には術者の知識や技術が詰め込まれています。

MRONJについて

こんにちは。アイビー歯科クリニックの船戸です。

タイトルにあるMRONJとは、薬剤関連顎骨壊死(medication-related osteonecrosis of the jaw)の頭文字を取ったものになります。

漢字や英単語のせいで難しい話に聞こえてしまいますが端的に言いますと、「飲んでいる薬の副作用で顎の骨が壊死してしまう病気」のことです。

今回はMRONJについて説明していきます。

 

 

1. どんな薬が原因となるの?

骨粗鬆症治療薬の一部で起こることがあります。中には骨粗鬆症ではなく関節リウマチや悪性腫瘍の骨転移に使われるものもあります。

・ビスホスホネート製剤(BP製剤)

ゾメタ、ゾレドロン、フォサマック、ボナロン、ボンビバ、ボノテオなど

・抗RANKLモノクローナル抗体

ランマーク、プラリア

・その他

ロモソズマブ、ベバシズマブなど

 

2. どんな人がなりやすい?

お口の中の状態としては、

・歯周病

・根尖病巣(歯根の先端に菌が溜まっている状態)

・抜歯をした

・プラークや歯石が溜まっている

・義歯(入れ歯)が合っていない

などが挙げられ、全身の状態としては、

・糖尿病

・自己免疫疾患(関節リウマチ、シェーグレン症候群など)

・人工透析中である

・喫煙、飲酒をしている

・肥満体型である

などが挙げられます。

 

3. MRONJになったらどうなるの?

お口の中の粘膜や歯肉が破れ、顎の骨が見えてしまいます。痛みを感じたり膿が出たりすることもあります。基本的に自然に治ることはありません。

 

4. MRONJの治療法は?

MRONJの進行度によって変わってきます。

保存的治療(抗菌性洗口液、洗浄、局所的抗菌薬の注入など)と外科的治療(壊死骨+周囲骨切除など)の二つに大別されます。

 

 

MRONJは2003年に初めて報告された疾患です。

その時は前述のBP製剤が顎骨壊死を引き起こすとのことからBRONJと呼ばれていました。

その後、違う薬で同じ現象が見られるようになり、DRONJだったりARONJだったり…と名称も変わってきましたが、現在はMRONJが一般的になってきています。

このようにまだまだ新しめの疾患のため、発症予防に関しては明確なエビデンスが無いのが現状です。

 

しかし、虫歯や歯周病を治療する、歯磨きの仕方を徹底するなどにより、MRONJの発症リスクを減らすことが出来ます。

発症予防に関して明確なエビデンスが無いからこそ、お口の中の感染源を減らし、リスクを減らすことがとても重要になってきます。

 

 

実際にMRONJ発症リスクのある薬を始める際には医科の先生あるいは薬剤師の方にこのような資料を配布されることが多いです。

「この資料持ってる!」「該当する薬飲んでる!」「骨粗鬆症の治療中だけど私は大丈夫かしら?」とご心配の方は、お気軽にご相談ください。

「犬歯誘導」について

 明けましておめでとうございます。平岸駅前こまち歯科院長の西尾です。今年も宜しくお願い申し上げます。

 今回は「犬歯誘導」について説明させていただきます。ほぼ100%の方が聞いたことない単語だと思いますが、実は歯科治療を行うにあたってとても重要な単語です。この単語について簡単に説明すると、下顎を動かした時に(歯軋りなど)犬歯(糸切り歯)が発射台みたいな役割を行い犬歯以外の歯牙が当たらないような嚙み合わせのことです。

https://www.doctor-map.info/useful/glossary/dental/1291601/

 人間の歯牙にはそれぞれ役割があります。臼歯部(奥歯)は食べ物をすり潰す役割を担っています。それ故、垂直的な力に対しては強い抵抗力を持ちますが、前後左右に揺さぶられる力には弱いです。犬歯は全歯牙の中で、一番歯根が長いです。歯根が長いので、側方力に対して強い抵抗力を持ちます。前歯部も犬歯に似た特徴を持ちますが、犬歯程歯根が長くないので、下顎の前方運動時のみ発射台の役割をするのが理想です。

 このように各歯牙にはそれぞれ役割がありますが、歯列不正、虫歯、咬耗(歯のすり減り)などが原因で、犬歯誘導が失われることが多々あります。犬歯誘導が失われると、過度な負担が歯牙にかかり、歯に小さなひびが入りむし歯になったり、歯根が割れ抜歯になったりします。

犬歯誘導を新たに付与する為には、矯正治療や補綴治療(歯の被せ物)が必要になってきます。また、夜間の意図しない力から歯牙を守る為にナイトガード治療も有効です。

 

今回は少し難しい内容となってしまいました。歯科治療において重要な事は、1本単位で治療を行うのではなく、なぜこのような事になってしまったのかを考え、全顎的に治療を考えていくことがとても重要です。そうしなければ、全ての治療が対症療法となり、長持ちしない治療になってしまいます。

当法人は総合歯科です。様々な分野の専門医、認定医が所属しています。より高度で安全な治療計画を提案することが可能となっています。「歯ブラシ頑張っているのにむし歯減らない」「歯周病がなかなか治らない」などのお悩みがありましたら、ご連絡ください。

インプラント治療

こんにちは、理事長の今井です。

医療法人社団博愛会では、月に1回、診療が終わった後にドクターの勉強会をおこなっています。

今回は7名のドクターが参加して、インプラントの実習をしました。みんな真剣に取り組んでいます。

インプラント治療は当法人でも最近需要が高まっており、月に3〜6回ほど手術を行っています。安心、安全に診断してインプラント治療ができるように当法人のドクターは、模型や参考図書で、何回も、何時間も勉強してから実際に患者さんに治療することができるようになります。

 

  

 

 

 

年々手技や、材料、使用器具が進歩してきて、今まで難しかった症例もインプラント治療が可能になり適応が広がってまいりました。その度に自分の知識をアップデートしていかなくてはなりません。私も若い先生を見習って、そんな歯科医療の進歩においていかれないようにこれからも頑張っていきたいと思います。

 

  

 

  

 

次回のドクター勉強会のテーマは何でしょうか?

矯正や口腔外科、審美治療や根菅治療、小児歯科や義歯治療などなど、テーマは無限にあります。

最近はオンラインでのセミナーも増えており、個人的に受講した先生は内容をまとめて勉強会で発表して共有してくれます。

また、来月も楽しみです。私も専門書や論文を読んだりして何か興味がありそうな内容を検索していきたいと思います。

 

EBMに基づく歯科治療とは

こんにちは、2022年4月より栄町駅前こはく歯科院長に就任いたしました、常勤ドクターの西潟です。地域の患者様に愛される歯科医院を目指して、日々研鑽を積んでいきたい所存です。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、本題に入りますが、昨今の医療はEBM(Evidence based medicine)、根拠を基に診断や治療を進めていくことが主流となっています。その根拠として扱われることが最も多いものの一つが、ガイドラインというものです。これは様々な学会がデータを収集して、現在の医療として最も適切だと考えられることを要約した読み物です。歯科治療に関するガイドラインも複数、作成されており、今回は日常の歯科治療にまつわるものをトピックとしていくつか紹介させていただこうと思います。

 

 

1. 血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方

例えば、不整脈や弁膜症による心臓病や脳梗塞の治療薬として、このようなお薬を内服されている方がいらっしゃいます。歯科治療を進める上で心配なのが、抜歯が必要と判断された場合です。多くの場合は、そのようなお薬を処方してくれている内科等の先生に紹介状などのお手紙を準備させてもらった上で、ガイドラインに則って抜歯の段取りを進めていく形になることが多いです。

抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン 2020年版より

 

 

2. 骨粗鬆症や自己免疫疾患のお薬を飲んでいる方

骨粗鬆症と診断された方は骨を強くするためにビスホスホネート製剤と呼ばれる種類のお薬を内服することがあります。また、自己免疫疾患と診断された方はステロイドと呼ばれるお薬と一緒にビスホスホネート製剤を内服することがあります。このお薬を飲まれている方は、抜歯などの歯科治療の後、傷口の治りが悪いことがあります。整形外科や内科の先生と手紙などでやり取りさせてもらった上で、歯科治療を進めていくことが多いです。リスクが高い抜歯などの場合は、紹介させていただくこともあります。

ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対するポジションペーパー(改訂追補 2012 年版)より

 

 

3. 非歯原性歯痛とは

歯痛の症状があるにも関わらず、歯が痛みの原因ではなく、歯痛と感じられる痛みを引き起こす病気が複数存在することが明らかになってきました。この痛みは歯痛全体の10%弱を占めると推定されており、年間68万本の歯が不要な歯科治療をされているかもしれないという報告があります。例えば、頭痛、蓄膿症、三叉神経痛、帯状疱疹などが原因として挙げられます。当院では、歯の神経の状態を診断する歯髄診断器や、歯科領域をメインとしたCT等、原因を診断する設備が揃っていますので、十分対応可能ですが、高度な歯科治療が必要と判断された場合や歯科以外の範疇が考えられる場合には、紹介させていただくこともあります。